「ほっ」と。キャンペーン

そもそも閉架って、閲覧禁止じゃないでしょ?

松江市の小中学校の学校図書館で、
昨年12月以来閉架扱いになっていたという ニュースが流れてから、
「表現規制だ」
「知る権利を奪う」
「子供に戦争を教える本が見れなくなるのは遺憾」
「これは子供に見せるにはふさわしくないので閉架は妥当」
等々、極左からそうでない人に至るまで、
様々な意見がネットをはじめ、リアル界でも起きている。


この漫画。
学生の頃、日頃漫画に難色を示す先生から
「読むべき本」として進められて、中身はともかく
「絵」がダメで読まずにいました。
時を経て、自分の子供が小学校・中学校で
「戦争の悲惨さを知る」
という目的で漫画はもちろん、アニメ映画も見させられ
「かつて日本兵はこんなひどいことをしたのです」
と、先生が言っていたことにビックリ。
だって
「はだしのゲン」は史実ではなくフィクションです。

敗戦のどさくさで、個々に見れば
痛ましい事はあったかもしれませんが、
この作品の中に描かれる
日本軍が軍として、国内の日本人を傷つける。
女性を暴行し刺し殺すことはまず考えられないし、
終戦を迎えるまでは
兵隊が足りないため、学徒出陣があり
戦地で負傷して戻ってきた兵隊さんが、
もう一度船に乗って戦地へ赴く状況。
つまり「元気な兵隊さんは国内にほとんど
いない状態と聞いているので、
いくらなんでも悪く書きすぎ。
と、あきれた記憶がありました。

そして今回の騒動で
この閉架(規制)を認めたら、他のさまざまな漫画が規制
されるのではないか?
という危惧を抱く人。
またどんなものでも子供に見せて、親子で話し合えばという
考えを持つ方を数人見かけた事。
他にも「あの作品って何が問題なの?」と
聞かれたこともあり、ブログにまとめることにしました。

まず…閉架そのものですが、
これって平たく言えば、
出していたものを「押し入れにしまった」だけのことです。
ですから規制とか二度と見れなくなる…ということはありません。
図書館の窓口に言えば出してもらえるのです。

「表現規制だ」
この作品が子供に見せてふさわしいかどうかの基準が
人によってまちまちなので、一概に言えませんが、
原爆にまつわるシーンなどは問題ではありません。

先にも書きましたが、強姦殺人描写が入ること。
私的には
子供に見せるにはあまりにもひどい殺人シーンと思います。
そういえば、都条例を決める際、
「ゲン」はちっとも出てきませんでした。
女性が暴行されて殺されるシーンがあるのに…
学校推薦図書です。

この作品の掲載先が少年ジャンプ以降、
一般的な雑誌ではなく、
偏った特定思想雑誌であり、その宣伝としての
役目を帯びていること。
(経緯をウィキからコピペして「メモ」に
つけておきますので、気になる方はご参照ください)

それに基づき必要以上に「日本」という国
「日本兵」「天皇陛下」を悪く描いていること。

この作品はフィクションであるにもかかわらず、
出版社がそれを明記していないこと。

以上の観点で私はR15でいいと思っています。

「知る権利を奪う」
「子供に戦争を教える本が見れなくなるのは遺憾」

これは上の表現規制とも連動しますが、
「はだしのゲン」
だけが戦争を描いた漫画ではありません。
小林よりのり氏の「戦争論」もしかり
「のらくろ」「ゼロ戦ハヤト」
他にも松本零士氏や新谷かおる氏
望月三起也氏なども、様々な角度で
戦争を描いています。
漫画で学ぶ・・という意味なら何故、
「はだしのゲン」だけに限るのでしょう。
限る以上、それは逆に同じジャンルの
他作品への差別につながるのです。
「ゲン」と共に同時に「戦争論」も読ませて、
子供にいろいろ考えさせるのはいけないのでしょうか?
でも、今回閉架問題を憂う人の口から
他作品もという声は出ていません。

少なくとも「子供が読むにふさわしない」
とするだけで、
大人まで見るなと言われてるわけではありません。
どうして目くじら立てて
「表現規制」だの
「知る権利を奪う」というのでしょう。
すごく不自然なものを感じています。


下のメモにこの作品の掲載ルーツをウィキよりコピペいたしました。
(あまりにも文章が長いので、すみませんコピペです)








1973年 - 1974年 - 「少年ジャンプ」
『週刊少年ジャンプ』は当時既にアンケート至上主義、
すなわち読者アンケートの結果を重視しており、
アンケート結果が悪い状態が続けば即打ち切りのスタイルを取っていた。
人気作品が連載されている中で「はだしのゲン」は
一定の人気は保っていたものの、当時の子どもへの受けは
あまり良いものとは言えなかった。
しかし当時のジャンプ編集長であった長野規は
自らアンケート至上主義を打ち立てながらも
中沢が望めば紙面を割くなどして全面的にバックアップし、
1年以上の連載を続けることができていた。
しかし、折しもオイルショックの紙不足によって
『ジャンプ』の全体のページ数が減らされ、
連載後期はたびたび休載を余儀なくされる。
その後、長野の栄転により、1974年39号にて連載終了。
なお、巻頭カラーは第1話のみで、
アンケートで選ばれた上位10人が読み切り掲載権
を獲得する74年度のジャンプ愛読者賞では20人中13位と選に漏れた。

一定の人気がある作品でありながら、
沖縄返還後の米軍問題で揺れる当時の社会状況を受け、
「週刊誌は1週間で店頭から消えるが、
単行本になるとずっと残る」
として集英社が単行本の発刊を躊躇した。
しかし、朝日新聞の平和問題担当記者や漫画評論家の
石子順などの働きかけを受け1975年、
汐文社より全4巻の単行本が刊行される。
当時「漫画は低俗なもの」とされていたにもかかわらず
大江健三郎の激賞を浴び[4]、
また生協の販路にて「良書」として紹介されるなどの
高評価を受けた結果、『ジャンプ』の主な読者層である
少年のみならず大人の間においても浸透し、
ベストセラーとなる。
そうして『市民』誌にて続編が連載されることとなる。


1975年 - 1976年 - 市民(左派系オピニオン雑誌)
1977年 - 1980年 - 文化評論(日本共産党機関誌)

『市民』誌は支持基盤が磐石ではなく、1976年8月号をもって休刊。
その後、日本共産党系の論壇誌である『文化評論』に連載の場を移す。
日本共産党はそれまで核均衡理論に基づいて
中国やソ連の核を認める立場を取っていたが、
当時の日本共産党は中・ソと対立し、
日本社会党などと協力して核の全面的な禁止を訴える論調をとっており、
「はだしのゲン」の連載はその格好の宣伝材料となった。
しかし1979年頃から社会党は公明党や民社党などとの
連立政権を模索しだし、共産党を排除する意向を示す。
同時に総評も共産党排除の意向を示し、
原水禁(社会党・総評系)・原水協(共産党系)
による原水爆禁止運動統一の動きが混乱する中、
押し付け型の原水禁運動を展開する政党と
原水禁運動の当事者たちとの対立が
表面化してきたこともあり、
原水禁運動の当事者たちと論を同じくする「ゲン」は打ち切りとなる。

1982年 - 1985年 - 教育評論(日教組機関紙)その後、日教組の機関紙『教育評論』で連載を続行する。
学校への漫画持ち込みを厳禁とする教師が多い中、
「はだしのゲン」だけは校内で堂々と読める
唯一の漫画となった結果、
1980年代の子供達の間に「ゲン」が広く浸透することとなる。
1985年に「第一部完」をもって連載終了。

なお、読売新聞系列の出版社・中央公論新社発行の
中公文庫版(全7巻)では、『週刊少年ジャンプ』掲載分を第一部、
以降のシリーズを第二部に区分している。
汐文社では愛蔵版を10巻まで発行している。
愛蔵版では区別はされていないが、
第1巻 - 第4巻が第一部、第5巻 - 第10巻までが第二部である。
これらの違いは以下の通り。
第一部は掲載当時の扉絵を掲載せず
コミックスで話を一つにつなげていたため
同じシーンが繰り返されている。
またジャンプコミックスではお約束の
単行本のサブタイトルも第一部にはある。
第二部は第一部から年月が経っているため作風が変わり、
コマが今までより小さくなっており、
描き下ろしであるために同じシーンの繰り返しがない。

第10巻の最終ページには「第一部完」と書かれており、
東京を舞台とした「第二部」も予定されていた。
しかし2000年代に入ってから患っていた
糖尿病からくる白内障が悪化、2009年9月15日
「視力が低下し、細かいコマが書けなくなった
」として続編執筆の断念を正式に発表した[5]。
中沢は闘病中も執筆への意欲は失わず、
2話分の下描きまで完了させており、
出版の具体的な予定も決まっていたという。
なお、第二部のメインテーマは被爆者差別だった[6]。

「はだしのゲン」の原画は1994年に
広島平和記念資料館の東館開館を機に市に寄託されていたが、
2009年12月8日、中沢は所有するすべての漫画の原画なども
資料館に寄贈し、合わせて所有権を市に移すと発表した。
その中には幻となった第二部の原画も含まれている[7]。
[PR]
by ironyt | 2013-08-27 21:37 | ニュース


空の森の番人。きこりのロノのブログです。ペットと日常・・・。時事ネタからおたくネタもあり


by ironyt

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

ブログパーツ

カテゴリ

全体
ニュース
思った事
ペット
歩いた風景&お茶
アニメ・漫画・特撮
星の話
タロット

タグ

(357)
(219)
(203)
(168)
(159)
(121)
(68)
(66)
(39)
(39)
(33)
(32)
(28)
(27)
(24)
(21)
(17)
(12)
(12)
(11)

外部リンク

お気に入りブログ

さしより
湘南のJOHN LENN...
Less Than Zero♪
埼玉の中心から毎日を語る
特撮好きなパン丼のブログ
Go for it! ~...
TSURE-DSURE-...
ペキニーズ モモの鼻 
トイプードル りんちゃん...
BMI適正化計画
こすずめ日記
ある日のこと - New...
WHISPERINGS
ある日のこと - Day...
Happy Day
京都ときどき沖縄ところに...
To tomorrow ...
朝寝・夜更かし・つまみ食い
坂の上のサインボード
とうふ屋に生まれて。。。
Spice of Life
ラブラドールレトリーバー...

外部リンク

最新のトラックバック

2011年3月11日金曜..
from 湘南のJOHN LENNON..
亀岡事故「知人に車借りた」
from 時々時事爺
やんごとなき方々まで踏み..
from 日吉圭の時事寸評
12/3 〜12/4 の..
from 適当日記 Ver2.1
東京都青少年条例案 性交..
from 匿名希望の時事ブログ
ここは酷い功績七割錯誤三..
from 障害報告@webry
国母和宏選手の騒動に思う。
from 坂の上のサインボード
幼稚な親たち。
from 坂の上のサインボード
安定多数
from きんたの日記
同感です。
from ちょっと宇宙から見てみよう
国旗掲揚、国歌斉唱
from Gポケット
運動 場
from 健康第一
わかるような気持ちがします。
from ちょっと宇宙から見てみよう
飲酒運転への意識を今一度..
from 坂の上のサインボード
旧社会党(現社民党)を弾..
from 湘南のJOHN LENNON..
幼児に蒟蒻ゼリーを食わす..
from Gポケット
育児ノイローゼ
from 育児ノイローゼ
凄いよ!ヴェッテル
from 湘南のJOHN LENNON..
ばかばかしか。聞いてあき..
from さしより
子供を伸ばす子育て,教育..
from 子供を伸ばす子育て,教育の名言

以前の記事

2013年 08月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
時事・ニュース

画像一覧