<   2012年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

オセロ中島騒動。。。。

広島にある半導体メーカーが再起不能となったこと。
・・・政党・政策に魅力と自信のない民主党が、
1年生議員をつなぎとめるために、一人につき300万の
おこづかい(活動費)をあげるという話の方が、
国として問題だし、個人的にも気になるんだけど、
占い師に騙されてマンションに立てこもるオセロ中島の話。
職業柄お気客様には心配&実はどうなんでしょう
という興味本位で聞かれるから、
ここ数日ついついニュースチェック。

同一人物かどうか不明なもののの、小説家の岩井志麻子さんも、
似たような感じで占い師に騙されたとか…。
中国人や韓国人でも占い好きな人はいます。
だから占い師がいても不思議はないけれど、
数の吉兇にこだわり、誕生日を変える事があるという定説。
母子手帳や戸籍制度もあるとは思えない部分(あったなら認識不足ですが)
などなど考えて、
出生地はともかく、誕生日・出生時間が
あいまいな両国の人たちが、感覚的に占星術。
四柱推命(皮肉にも本家は中国ですが)に重きを置いているとは思えず、
理屈が説明できない占い。
カード系か霊感と言われる部類になってきます。
この場合、本人が言い切っちゃったらそれまでだし、
信じてしまえば「占い師」でしょう。

ただ・・・。
占い師が自分からみだりに特定の人に近づくことはしません。
「あなたには悪霊がついている」とか
「生き霊が取り着いている」とかもマズ言いません。
(この手の事を言われて怖くなって相談に来るケースはあります)
占い師は占術を使って、人の未来や悩みを照らすのが仕事。
霊媒師ではないので、霊がみえなくてもいいし、
見えない方がいいケースも多々あるのです。

だから・・・オセロさんにしても岩井さんにしても、
手口聴く限り本当に占い師?
しかも家族まで同じマンションに住んで籠っているって、
それほとんど異常な話しだから。。。。
とか思いつつ、話の流れと勢いで
彼女の「ホロスコープ」を先日観ました。

時間もわからないし、
告知されている日が正しい誕生日かも微妙ですが、

1971年8月26日京都生まれ。

出生時間がわからないので、月・アセンダント・MC不明。

ヌーンの月をと思えば、この日の15時くらいで、
月は天秤から蠍に移行しています。

ついつい、月が気になるので2種類ほど作る事に…。

まずは12星座。

12時設定だと太陽10室からで月は天秤。
どちらかと言えば、社会的外交性に個性が発揮されそう。

18時設定だと、太陽7室からで月は蠍。
結婚の部屋7室から始まり、
月が蠍なので、かなり内面志向の強い人かもです。
強い相手に出くわすとどっちに流れる。
あるいは常にどこか不安があって、何かに頼っていたい気質。

2種類とも気になるのは、太陽(乙女)  海王星(射手)  土星(双子)のTスクエア。
これは下手するとその優しさが仇になる。奉仕は人のためならずで、
尽くす人を選んだ方がいいけれど、眼力よりも気持ちで動くため選べない。
優しくて、あるいは人が離れるのが不安で
縁を切るのが苦手な性質に、海王星(魚)がトランジット!
それも全部ダダもれなミュータブルサイン。(ミュータブルの人ゴメンなさい)

彼女についているという占い師さんの生年月日などわかりませんが、
重ねて見たら何か出てきそうな気がします。
運勢を食い尽くす相手ではなくて、
自分をキチンンと見てくれる人や家族(リアル)に意識が向けばいいのですが・・・。
[PR]
by ironyt | 2012-02-29 17:21 | 思った事

今は何処までも 平成なんだけどね…。

橋下維新 これが「維新八策」だ! 骨子全文

産経新聞 2月21日(火)16時8分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120221-00000546-san-soci" target="_blank"

余りにも長いので、全部書くのはシンドイし、
気になる方も多いので、みなさんHPは見ていると思うのですが、
気になったこと、思ったことを少し…。

私が取りざたされている橋下氏の「船中八策」で、初めて目に留まったのがコレでした。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120218-00000089-san-pol" target="_blank"
橋下氏「元首は天皇陛下」 参院議員に「船中八策」説明

産経新聞 2月18日(土)7時55分配信

元々「船中八策」は、坂本竜馬が明治天皇を中心とした
明治政府の基になるような事を書いたもの。
だから・・・かもしれないけれど、ただでさえ激務で、心労絶えない陛下に
これ以上の重荷を負わせる必要ないと思うし
(右翼認定されそですが、うん。そう思うんだよね)、元首にした場合
やはり責任が発生するし、そこに権限なしはおかしいから、
皇室権限復帰。
ついでに独立国家ですから、軍隊も復帰。
とならない限り、しない方がいいだろうと、単純に思う訳。
それに・・これはどこまでも個人感情ですが、
皇室に対して非礼な感じがして、斜めになっていたのです。

それが本日ニュース見たら、船中八策骨子があったので

・決定でき、責任を負う民主主義
・決定でき、責任を負う統治機構
・自立する個人
・自立する地域
・自立する国家
・日本の一人勝ちの時代は終わった
・今の日本のレベルを維持するには国民総努力が必要
・現役世代の活性化

をまず読んで…手放しで小躍りしている人がいたら気がしれない
と思うに至りました。

物事は何でもプラス面(いい事)ばかりではありません。
それは全体的にも言えるし、個々にもあるのです。
Aさんにはプラスでも、Bさんにはマイナスになるという事。
あるいは地域。国家においてもです。
そのマイナスが発生した時のツケを、自分が払う自覚があって、
「船中八策」スゴイ!
となっているかが、他人事ながら気になるのです。

先の衆院選で多くの有権者が
「今を変えたい」
「子供手当欲しい」etc
で民主党を選びました。
掲げたマニュフェストに実がなく、この政党に実行力がない事
を理解していないだけでなく、
「どう変えたらいいのか」
「自分としてはこうしたい」
というビジョン無く、甘い言葉とマスコミのムード。
そして腐りきった自民党への嫌気で投票して「今」を迎えています。
自民も酷い部分はありましたが、民主はそれ以下な訳で、
それを選んだ人の責任で「今」がる自覚を、投票された方の
何割が自覚されているのか。。。今の橋下人気をみていると、
同じ失敗を繰り返すことへの危惧を感じてなりません。

橋下氏は非常に熱く語る人だし、
いろいろ考えている人だとは思います。
ただ・・・私は大阪在住ではないのでわかりませんが、
府知事(現市長)となった彼がどれほどに大阪を立て直したのでしょうか。
「地方分権」ある意味魅力です。
中央が地方に口を挟まないことを、心から望み自立したいなら、
中央政党からの「公認」だの支援などは受けない事です。
そして基本的に大都市である大阪の赤字を、
過疎の多い兵庫や和歌山・奈良が支えるような地方分権
(道州制)なら、やる意味はないと思います。
むしろ大阪を復興させて、過疎地域を引っ張ってゆくのが
筋だろうと思うけれど、そういう話はあるのでしょうか?
彼は何処までも大阪市長であり、その立場、そのために
意義ある発言や実行をするのはわかるけれど、
「参院制廃止」とか「元首は天皇陛下」は広げ過ぎなのでは?
企画書としてこの「船中八策」を作るのはいいし、
努力をしてないとは言いませんが、
国政をどうにかの前に、ご自身がいらっしゃる大阪の赤字を
マズ減らされるのが先なのではと思う。

教育に対しても古い体質の教育委員会にメスを入れるのはいいけれど、
壊した後の構想は?
公立学校である限り、行政窓口は必要になります。(これ自体の廃止でしょうか?)
実際、子供の事で様々な父兄と対話すれば、様々な家庭があり、
親の考え、子供の考え様々だ。
父兄と子供に「学校」や「先生」を選ばせるのは、私学だけで十二分で、
公立学校にまでそれを求める必要はないと思う。
父兄に受けのいい先生が、本当に質のいいセンセかは別。
教師は人気取り商売ではない。
さらに教育バウチャー入れるというなら、公立学校の「必要」が感じられない。
基本、何処の家でも自分の子供はかわいい。だから子にとって
いい教育を受けさせたい。そこまでは同意できても、
資金的に、または親に育成プランニング能力がなくて、
教育バウチャーに乗れない家庭もある。
「自立した個人」である以上、これを「自己判断」で行う訳だが、
成功も失敗もその人(親)しだい。
しかも・・・小中学生の留年制度設けるっていうけど、その前に
大阪の不登校生徒の数を減らしたら?
そんなことより、能力別クラス編成を導入して、できない子の底上げと、
できる子のやる気を高める方が、いいと思うよ。
その方が本当の意味で平等だから。

人生自体がそんなものだし、個人的にはそれでいいと思うけれど、
「自立」の真意をわかっている日本人があまりにも少ない今、
大丈夫だろうか?
とついつい不安になって見てしまう。
[PR]
by ironyt | 2012-02-23 18:44 | 思った事

受験から見えたもの

2012年2月1日。
末っ子が第一志望校合格を果たしたので、
2年半の受験期間に一つの区切りができた。
それはもちろん、嬉しいしホッともしたけれど、
「ゆとり」だの「詰め込み」だのと、どこまでも大人の目線で
公立の小中学校がいじくりまわされなければ、
気楽に公立中学行って、ほどほどの高校受験をして
そこから具体的な進路・・・・でよかったのである。

三年生最後の合同保護者会の際、
「この学年の子供たちはすべて、置き去られる学年です」
と言った他クラスの先生の一言がキーワードになり、
教科書改訂を改めて確認。
23年度小学校の後、
24年度は中学校が教科書改訂を行い、現在の高等学校で教えている内容が、
中1と中3に降りるという事。
そして何故か「生きる力」とか「日本文化」を学ぶため?
武道が必修化されること。
そして…その24年度の中1が、自分たちの子供であること。
23年度の教科書改訂でも一番割を食う世代が、
中がl句進学と同時にまた割を食う現実を、多分、あの先生は
「置き去られる学年」と言いたかったのでしょう。
25年度には、権利教育の高等学校も改訂するという。

この改訂。考えた人には、すごく画期的な事かもしれないけど、
それを受ける側の子供と、保護者がどれだけ事態を把握しているのか
空寒い「差」を思い切り感じて、思わず塾。
そして私学進学という道を選択した。

それまでは・・・上の子たちがあまりにもすんなり進んだので、
塾も私学も他人事。下手すりゃ見栄とか、金に飽かしてやっている事と思ったけど、
それは単純な思い込みでしかなかったことを認識させられた。

今時中学に行けば、高校進学に向けてたいていの子は塾には行くわけで…。
さらに高校から大学への進学塾となると、通算6年。
実は下手な私学に通うよりもお金がかかるという試算が出てしまったのでした。
おまけに・・・学校から帰ってくるのが、
小学生でも4時は廻る。部活のある中学高校では、さらに遅い。
その後塾に寄る二重生活。
学校の宿題に半端のない塾の宿題の二重生活。
これを観た時、小学校に通っている間にそれを終わらせ、
6年後の大学受験に向けて準備する.
そう考えた方が、生活の負担と経済負担が少なく済む・・・という事になってしまった。

なんとも不思議な話だけど、
見栄や金にあかして・・ばかりではないというものを見たので、
目線が変わりました。

2月1~3日の間。特に2日と3日は、
1日の結果を踏まえた上でのチャレンジや滑り止め受験も多く、
「○○学校落ちた!」と言いながら、
後半の受験に取り組む子も観ました。
学校に張り出された受験番号。
みんなそれぞれ本人も家族も数年間、努力してきた結果が、
そこに出ているので、自分の番号がなくて、泣く子を観ると、
単に受かったことへ喜んでばかりはいられず、
引き締めて次に進まないとと思ったりもしました。

公立小学校では、まだ6年生。
塾ではもう6年生は終わり、中学への準備学習に入ります。
[PR]
by ironyt | 2012-02-08 15:29 | 思った事

大分で起きた事件への疑問。


<span style="line-height: 1.2;">「就寝中娘の顔に毛布」自分は別室と母親供述
大分県日出ひじ町で江本琴音ちゃん(当時2歳)とみられる遺体が見つかった事件で、
死体遺棄容疑で逮捕された母親の江本優子容疑者(35)が
「娘は顔に毛布をかぶせられ、死んだ」と供述していることが6日、
捜査関係者への取材でわかった。
大分県警の捜査本部は7日以降、自宅を捜索するなどして、
供述の信ぴょう性について慎重に裏付けを進める。

捜査関係者によると、江本容疑者の供述では、
昨年9月12日夜に小学1年の長男と琴音ちゃんを自宅2階で寝かせつけた後、
江本容疑者は1階で就寝。
翌13日朝、琴音ちゃんが起きてこないので、
2階に見に行くと琴音ちゃんは息をしていなかったという。

捜査本部は、江本容疑者が、長男と琴音ちゃんが一緒に寝ていたと供述していることから、
長男が何らかの事情を知っている可能性もあるとみて当時の状況を聞く。
また、江本容疑者がこれまで琴音ちゃんの遺棄について
「行方不明になった」と装っていたことなどから、慎重に捜査を進める。

2月早々目先の受験に追われ、さて更新・・・もう10日が目の前!
星の話は最近お仕事ブログに書くようになったのもあるのですが、
バタついた生活をしている中、耳に入ったのは、またも子殺し。。。。
しかも母親が行方不明を装った事が発覚。
この世間を駆け巡るニュースに、
「これだから今の母親は・・・」的な視線や
「これだから子供産みたくない」が、
加速しなければいいかなと思いつつ、今日(2月7日)時系列に目を通しました。

昨年9月13日から日時が過ぎているので、集められた遺体から、
どれだけの真相が浮かび上がるのかまったくわかりませんが、
琴音ちゃんがなんらかの病理性障害を持っていた場合、
急死という事態は、否定はできないと思います。
その際、死亡の原因として真っ先にに疑われるのは傍にいた母親。
乳幼児突然死で警察に散々疑われた方を知っている身としては、
怖くなる気持ちはわかる。
でも・・・子供の異変に気が動転した母親は、
山に遺棄ではなく、あわてて救急車とかになると思うけどな・・・。
いきなり「山に捨てる」を連想できるのだろうか。

仕事が忙しくて、物理的に家に居られない夫でも、
信頼関係があれば、真っ先に「どうしよう」と相談するだろうに、
それはなかったのか。。。
夫側の親族が「相談してくれれば…」と話している報道もあるけれど、
関係が良ければもっと「結論は早かった気がする。

琴音ちゃんには足の障害があるらしく、
障害を持つ子だったら母親が思い余ってもやむなし的空気も流れている。

確かに気の毒だろうけれど、もし子供の障害を理由に手をかけたとすれば、
彼女は「ありのままの姿の子供を受け入れるのに負けた母親」であり、
今回の彼女の行為を「障害児」ならで容認される方々は、
自分の気持ちの根底に「障碍者は逝ってヨシ」という発想がある認識を
持っていただきたいと、障害を持つ子供を育ててきた親として思う限りです。

この先どれだけの報道がされるか(この母親の精神鑑定、あるいは
宗教的背景があった場合、そこで幕引きとなるので)微妙ですが、
本日、このブログに揚げた記事をみるまでは私も同情側でした。しかし・・・。
上の子がまだ小1。
そして2才の子供が障害がある(しかも「足」)、あるいは病弱だったら、
その子供を2回で寝かせて、母親の自分が1階で寝るなど、
私の感覚ではあり得ないからです。
マズ心配でそんなことできないって!
それがこの母親。あるいはこの家族にとってナチュラルな状態だとしたら、
愛に似て愛と異なるものを感じてしまいます。
[PR]
by ironyt | 2012-02-07 15:58 | 思った事


空の森の番人。きこりのロノのブログです。ペットと日常・・・。時事ネタからおたくネタもあり


by ironyt

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29

ブログパーツ

カテゴリ

全体
ニュース
思った事
ペット
歩いた風景&お茶
アニメ・漫画・特撮
星の話
タロット

タグ

(357)
(219)
(203)
(168)
(159)
(121)
(68)
(66)
(39)
(39)
(33)
(32)
(28)
(27)
(24)
(21)
(17)
(12)
(12)
(11)

外部リンク

お気に入りブログ

さしより
湘南のJOHN LENN...
Less Than Zero♪
埼玉の中心から毎日を語る
特撮好きなパン丼のブログ
Go for it! ~...
TSURE-DSURE-...
ペキニーズ モモの鼻 
トイプードル りんちゃん...
BMI適正化計画
こすずめ日記
ある日のこと - New...
WHISPERINGS
ある日のこと - Day...
Happy Day
京都ときどき沖縄ところに...
To tomorrow ...
朝寝・夜更かし・つまみ食い
坂の上のサインボード
とうふ屋に生まれて。。。
Spice of Life
ラブラドールレトリーバー...

外部リンク

最新のトラックバック

2011年3月11日金曜..
from 湘南のJOHN LENNON..
亀岡事故「知人に車借りた」
from 時々時事爺
やんごとなき方々まで踏み..
from 日吉圭の時事寸評
12/3 〜12/4 の..
from 適当日記 Ver2.1
東京都青少年条例案 性交..
from 匿名希望の時事ブログ
ここは酷い功績七割錯誤三..
from 障害報告@webry
国母和宏選手の騒動に思う。
from 坂の上のサインボード
幼稚な親たち。
from 坂の上のサインボード
安定多数
from きんたの日記
同感です。
from ちょっと宇宙から見てみよう
国旗掲揚、国歌斉唱
from Gポケット
運動 場
from 健康第一
わかるような気持ちがします。
from ちょっと宇宙から見てみよう
飲酒運転への意識を今一度..
from 坂の上のサインボード
旧社会党(現社民党)を弾..
from 湘南のJOHN LENNON..
幼児に蒟蒻ゼリーを食わす..
from Gポケット
育児ノイローゼ
from 育児ノイローゼ
凄いよ!ヴェッテル
from 湘南のJOHN LENNON..
ばかばかしか。聞いてあき..
from さしより
子供を伸ばす子育て,教育..
from 子供を伸ばす子育て,教育の名言

以前の記事

2013年 08月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
時事・ニュース

画像一覧