<   2012年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

謝罪の心理 亀岡暴走事故の加害者の父親を観て思う事

とうとう亀岡の事故は<亀岡暴走>と書かれる状況にまでなった。
そして事故そのもののみならず、事故後の加害者親族の動きで、
警察や学校から被害者側の個人情報を引き出すという、
別の騒ぎまで起きてしまっている。

加害者の父親が、被害者遺族や家族に謝罪をしたい。
そう思うのは間違いではないと思う。
実際問題、何の音さたもせず、
通夜や告別式にも出なければ、それはそれで
何か取りざたされて言われたのでは?
という気もするし、
自分が息子がしでかした過ちを親が詫びる事は
間違っていはいない。
そのことで警察に相談する。
あるいは、親族のツテ辿って、小学校側に相談を持ちかけるまでも
場合によってはいいだろう。
>許してもらえることではないけれど、
せめて祭壇に手を合せたいのですが、
ご遺族に連絡を取っていただけないでしょうか<

もちろん、それを受け入れるか、
ふざけるな!
と怒るのも被害者側の自由であることを前提にだったら、
こんな問題はなかったと思う。

あまりの事態にテンパるのも推測できるが、
どこまでも「とにかく謝らなきゃ」が
先行してい他とするならば、
それは何処までも自分の気持ちであって、
遺族の状況や気持ちを配慮する意識とは違う。
この父親の思考と行動が、
謝りたい自分の気持ちを満たすために動いた
のなら、相手の事情や気持ちを推し量る
余裕はなく、強硬に出るのも無理はない。

アッサリと教えてしまった警察や学校も、
「謝りたい」という姿勢についホロホロと
多分、悪気はなかったと思う。
でも事件や事故が起きた直後にもかかわらず、
加害者側が被害者側に接点を持知たがる場合は、
かなり慎重に対応すべきだし、
「こちらから連絡しますが」
でよかったのに…。

この件は、
自分の心理や行動に疑問を持ったり、
よく考えたりせず、
気持ち優先で生きる人ならではの事態に見えてくる。、
そういう親の背中を観て育ったから、
気持ちや行動の管理ができないまま、
ついにこのような重大事故を、
青年が引き起こしたように思えてならない。


<亀岡暴走>松村さんの携帯番号 小学校教頭が漏らす

2012年4月27日 00時09分 (2012年4月27日 03時14分 更新)

京都府亀岡市で児童ら10人が死傷した事故の
被害者の連絡先が加害者側に漏れた問題で、
事故で死亡した松村幸姫(ゆきひ)さん(26)の
携帯電話番号を、市立安詳(あんしょう)小の
東佳明教頭が知人を介して、
少年(18)=自動車運転過失致死傷などの疑いで
送検=の父親(47)側に漏らしていたことが分かった。
同小には、松村さんの長女(6)ら被害児童が通っている。

 竹岡敏・市教育長、湯浅吉則校長、東教頭の3人が27日未明、
同市役所で記者会見。東教頭は冒頭、
「本当に大変なミス。被害者につらい思いをさせ、
多くの人にご迷惑をおかけした。反省している」
と謝罪した。

東教頭によると、携帯電話番号は、
学校に保管されている松村さんの長女の「児童調査票」に
記載されていたもの。
東教頭の教え子の保護者で、父親の親戚に当たる人物から
「父親が、誠意を示すため松村さんの葬儀への参列を希望し、
日程や場所を知りたがっている」と聞き、
日程と携帯電話番号を伝えた。
番号は松村さんの夫の名前の横に書かれていたため、
夫の番号と思っていたという。

少年の父親は、亀岡署交通課の男性係長から受け取った
被害者の連絡先を書いた文書に、
松村さんだけ固定番号が記されていなかったため、
携帯電話番号を尋ねたという。

東教頭らは26日夜の通夜の後、
松村さんの遺族に直接会って謝罪した。
竹岡教育長は
「地方公務員法(守秘義務)違反に当たる行為で、処分対象になる」と述べた。

[PR]
by ironyt | 2012-04-27 14:07 | 思った事

報道する側とそれを見聞きする者の温度差

京都府亀岡市の10人死傷事故を巡り、
別の問題も浮上してきている。
昨日私も見たけれど、
急搬送先の兵庫県豊岡市にある、公立豊岡病院の但馬救命救急センターがブログで、
霊安室前でカメラを構え、帰ろうとする被害者家族を撮ったというもの。
ブログ内で指摘を受けた
朝日・毎日・読売(いわゆる三大新聞ですね)
は、その事実を否定しているようだけど、
良くも悪くもブログは世界に向けて、
情報発信するツールなので、忙しい救命救急の場が、
根も葉もないことを書くとは思えないし、
わざわざそんな事を書くほど暇だとは思えない。

撮影した映像は、既にマスメディアに流され、
多くの人の目に触れたのだろうか。
それをしているかどうかで、状況が変わるかと思うし、
何処のマスコミもいかに安価で早く、
他社と違う内容のネタをと、躍起になるのはわかる。
それが飯のネタなので、ある意味は・・・という所もあるけれど、
だからといって断りもなしに
悲しみに暮れる霊安室前にカメラを置けたとしたら、
そうとう神経が図太い、あるいは人を思う感性が
マヒした人になったのだろう。

かねてからマスコミの過熱取材は話題になり、
問題視もされる。
一見自粛ムードも無きにしも非ずだけれど、
結局こういうことになるのは、
安価で短時間取材というマスコミの事情と
免罪符の如くでてくる「視聴者の知る権利」

確かに私たちが情報を取る際、限度も限界もあります。
だからマスコミが必要なのだけれど、
事件や事故の関係者でない限り、
いつどこでどう言う事故や事件があって、
どういう結末を迎えたかがわかれば、
それ以上それ以下は必要ないと思う。
少なくとも遺族を追い回すようなことはしないでほしい。

ただ視聴側にも問題があって
悲しみ暮れる遺族の映像をTV越しに観て
「かわいそうに・・・」
といくら悲観に暮れる人はいる。
だからといってその人たちの何人が、
運転する際に、カーナビの示す向け道を走らない。
あるいは徐行して走るだろうか。
細い抜け道をすっ飛ばす事を改めなければ、
それはただ映像につられて感傷に浸るだけで、
注意喚起にも警鐘にもならない。

とにかく朝起きたらすぐTVをつけるという人は、
いまだに生息するし、ここ数年身近に見てきたが、
TVの向こうからくるものを無頓着に受け流しているだけなら、
ヒドイ事件事故の報道を観て、
興奮した末に単に人と話す時のネタにするぐらいで終わってしまう
のがせいぜいなのでは・・・・
何の疑問もなくTVを観る人はそんなタイプが多いんだろうな…。
だから偏向報道や作為的な番組を作られても何の疑問も感じずに、
マインドコントロールされる。
報道する側がお安い取材で稼ぐには、うってつけの相手だとは思うし、
過熱取材の背景には、そんな需要と供給が存在すると思えてならない。


今回の公立豊岡病院の但馬救命救急センターがブログで発した内容の
事実関係も大事だが(根も葉もないことは言ってないと思いますが)
マスコミ側もこれを機に「報道」というものをもっと考えてほしいし、
何故、TV離れや新聞離れが起きているのかも考察してほしい。
また報道を観る側も。もっと内容を考えてかみ砕いて考えて
欲しいけれど…難しいのかな。

More亀岡事故、行き過ぎた取材だったのか 病院「心が腐っている」vs新聞社「事実誤認、訂正を」
[PR]
by ironyt | 2012-04-25 16:07 | 思った事

2012.04.23 京都・亀岡市10人死傷事故報道について  2

この事故に関して、一番悪いのは
無免許で運転をしていた18歳の少年(青年と私はいいます)。

関連記事を観ると、ドライブが趣味とか言っているようだ。
過去にはバイクを無免許で運転・・・・その時点で、
無分別に乗り回す癖があることくらいは
認識すべきだったろうと思う…。
この青年の父親が
「一生かけて償ってほしい」旨のコメントをしていて、
聞く人は「まるで他人事に言う父親」に対して憤慨してる。
確かにね…。
産んだのは母親でも、種付して産ませたのはこの旦那だし、
まだ未成年だから、被害者は丸晒し報道されるけど、
息子も自分も名前は報じられないで済んでいます。
が、その分、保護責任者として加湿は取られるのでは?
と思う。

一方的に命を奪われた子供とその家族。
あまりにも被害が大きすぎる上、
遊びの末で轢いたとなると、情状酌量の余地はないと思う。
それを踏まえた上で・・・
小学生の子供を持つ保護者は、被害者側の視点で見るけれど、
18歳前後の子供を持つ保護者はどうなのだろう。
まるで「他人事」のように言った父親のコメントに対して、
単純に
>こんな親から生まれ育ったから。
と思える人もいれば、
>うちの子も予備軍なのかも。。。と内心、冷や冷やな
保護者もいるのでは?と両者が思い浮かぶ。

「子供って、何考えているかわかんないよね」
あの子がどう思って何考えてるのか、わかんない。
だから、大きくなるにつれて不安も出てきた」
と言ってどこか不安を抱え嘆く親は多く、
そのたいていは母親。
まぁそうだよね。
普通、どの親も
自分の子が非行に走るために子育てはしないもの。
過干渉~放任に至るまで、
基本的に犯罪など、とんでもない。
そんなことだけはあって欲しくない。
と、思いつつ育てるのは、どの親も同じ。

男の子も女の子も、ある程度育てば
いつまでも親にまとわりつきはせず、友達との仲を優先する。
そうであってもなくても、いくら自分が産んだからって
子どもも一個の人格を持つ別の存在なので、
わからないのが普通だし、何もかも把握する必要はないと思う。

こちらが自然体でいれば、
口には出さなくても、常に自分を案じていることが
頭の片隅にあれば、子どもはここ一番を踏み外したりはしないけれど、
そこに至るまでの道のりは、その親子で違うから、
幼稚園からずっと一緒の子同士でも、違いは出るんだよね。
子どもが自己を主張した時、
恐れが多すぎたり、自信がありすぎた親は
子どもから目をそらすケースが多いけど、
それだと根本問題の解決にならないで、
後々問題をお大きくするのだけれど、
この事故の青年も多分そんな気がする。(勝手な憶測)

そしてこの事故を通じて
「若い子が危険」キャンペーンが始まりそうな気もするけど、
危険運転に関しては、60代以上の世代も多いので、
問題視するなら、年齢問わず問題すべきだし、
安全性を問うのであれば、対処法として
アクセル開ければすぐ走るゴーカート式のAT車の普及を止めて、
マニュアル車に戻すのも手であるが、そんな声はマスコミからは上がらない。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120424-00000544-san-soci
逮捕の少年、サイトに書き込み「趣味はドライブ」 亀岡・暴走事故

産経新聞 4月24日(火)14時19分配信

 京都府亀岡市の府道で集団登校中の小学生らの列に軽乗用車が突っ込み、
10人が死傷した事故で、
自動車運転過失傷害容疑で京都府警に現行犯逮捕された亀岡市の
無職少年(18)がインターネットサイトの会員制交流サイトで
趣味を「ドライブ」と書き込んでいることが24日、分かった。
日常的に娯楽として無免許運転を繰り返していた可能性もある。

 一方、車は少年らの友人名義といい、
府警は道交法違反(同)の幇助(ほうじょ)容疑を
この友人にも適用することを視野に事情を聴いている。

府警によると、重体の亀岡市立安詳小学校1年、
西田琉輝(るき)君(6)と3年、横山奈緒さん(8)の容体は変わっていないという。

関連記事
[PR]
by ironyt | 2012-04-24 16:03 | 思った事

2012.04.23 京都・亀岡市10人死傷事故とその報道について  1

昨日、人身事故で小田急線のダイヤは乱れるし、
雨の中やれやれと思って店について…
PCを立ち上げて・・・・
>18歳の少年(青年でいいと思うが)が無免許で、
登校中の児童の列に車で突っ込んだ<
という報道を知り愕然とした。

また京都。
未成年で無免許。
なんでも友人たちと一晩車を走らせた末の居眠り運転。
犠牲となってしまったお子さんや、
付き添って歩いた妊婦さんとお腹の赤ちゃん。
まだ容体が危ない子供。
怪我をした子と怖い思いをした子
地域の方々。
どれに思いを巡らしても、暗たんたる思いになる。

そこに持ってきて救命救急先である病院で
<特ダネ>を狙う無分別な記者たち。
少なくとも私とその周囲の人々は、
悲しみや不安の渦中にある家族や遺族を
観ることで興奮して騒ぎ立てるような視聴者がいるのだろうから、
どうも彼らマスコミは傷を負う者を白日に晒すのが、
真実の報道だと思いたいのだろう。
その方が取材として楽だろうし、観る側も「かわいそう」気分に浸れて
満足できるという、粗末でお手軽な需要と供給がまかり通っているから、
飲酒による事故も無くならないし、こんなふざけた事故も続くのだと
ついつい思ってしまう。

はては無免許で車を運転していた本人より、
道路の安全性に視点を向けようと、報道しているように見えてくる始末。

確かに時々、夕方にニュースでも、
「危ない通学路」をプチ取材したりはしてるし、
危険な道路に着目するのは間違ってはいない。
けど…。
事故を起こしてしまった18歳の青年(あえて書きます)の事と、
道路の危険性は別に分けて報じるべきだと思う。
だから青年の事は別に書くとして、
出たついでなので、云々されている通学路の事を先に。

この事故の記事すべてに目を通したわけではないけれど、
事故現場となった、亀岡市の安詳(あんしょう)小学校のこの通学路は、
歩きやすさの確保のために道を広げているので、
少なくとも行政側や地域も努力はしていたと思う。

惜しむらくは、スクールゾーンとなる時間を、
一方通行ではなく、車両乗り入れ禁止にしなかった位である。
たとえ車両通行禁止時間を設けても、
違法に侵入する車があるというのは、
私も自分の子供が通う学校の通学路で観ている。
いっそこれを機に、わかっていて侵入する車を防犯カメラで撮る。
或いは写メるなどして、警察に通報し、
駐車違反以上の原点と
10万以上の罰金刑にしてはどうかと思うほどだ。

毎年4月、5月はだいたいの小中学校でPTA役員が入れ替わり、
特に小学校は、同時進行で1年生を迎えるにあたっての
交通指導をしている。
事故(事件)の起きた安詳(あんしょう)小学校も、
同じような活動を、たまたま役員になった一部の
父兄が行始めていたのではと思う限り。
どこも何故か新学期が始まる頃。
また長期休業に入る前、
比較的大きな事故が起きやすいと言われている。
所によっては毎年、通学路の危険個所改善提案の書類を、
地元警察や教育委員会にあげたりしているのが一学期で、
返答を貰える時期が早くて12月。
遅いと年度末前だったと記憶。
そしてよほどでなければ、特に目立って
変わることはない。

「人死にが出ればやるんじゃない?」
と、半分諦めとブラックジョークを込めて、
いう事はあったが、
今回これほどの事故があったからこそ、
どんな人も通学路の安全を着目するけど、
日常の旗持ち当番などを嫌がる保護者。
出ない保護者などどこにでもいると思うし、
自分の子供が実際何処をどう歩いて通学しているのかなど、
考えもしない保護者も存在する。
行政の問題を云々するものありだけど、子供を通わしている保護者。
特に仕事にかこつけて子供を一切顧みない保護者は
暑くても寒くても、ランドセルを背負って歩く自分の子供の道を
リアルに連想できるのだろうか?
毎年、運動会の都度、保護者に
「通学路を歩いてきてください」を問いかけているが、
大半が歩いては来ないし、違法駐輪をしていた。
もちろん、事故を引き起こした18歳の青年が一番元凶だが、
彼の父親は一度でも息子が歩いた通学路を歩いたのか疑問。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120423-00000037-mai-pol

関連記事は下です。
[PR]
by ironyt | 2012-04-24 15:04 | ニュース

都で尖閣諸島を買うと言い出した石原発言に思う事

つい先日、4月16日。
訪米中の石原都知事(都民としては、ボスと呼ぶべきか?)が、ワシントンで吠えた。
賛成反対の別なく、よほど無頓着でなければ多分、たいていの人が知っていると思うので、
関連記事は下に入れて、思ったこと書き連ねます。

まず、私個人は
都条例問題であまりにも一方的な一部意見の採用と、
ジャンルが違うとはいえ、
自分も一表現者でありながら、
漫画家を小馬鹿にしたような言動に腹を立てている事。

もうすでに5年以上前になりますが、
都立の養護学校に通う保護者と都議会議員お呼び関係職員が
話し合えるであろう場を、蹴ってしまったこと。
その実はご本人はこのような場がある事すら知らない可能性も
ありますが、行う側は半年以上前から日程を組み、
準備をするのにもかかわらず、開催直前に都議会自民党と公明党は
来ない事になりました。
風のうわさですが、し主催が共産党をはじめとした左傾組織であることから、
軽視し他との声もアリ、事実ならいかにも…という気もしますが、
日頃は自分の子供のケアであまり外に出れない保護者が来るにも
関わらず、直前キャンセルはないだろうと。
集まった保護者のほとんどが、都議会自民党と公明に突き放された感を抱いた
経緯を観ているので、
この点でもすごく石原都知事の不公平さには来るものがあるのです。

だけど!
前回の選挙では対抗馬はいないし、
都の治安を考えればほかに適任者がいない。
消極的賛成で都のボスが石原氏であることに納得している立場です。

で・・・今回の尖閣諸島買取に関しては、一見賛成。
あの海域は日本のモノなのに、中国や韓国が漁船どころか、
軍艦まで浮かべる今日この頃。物騒でなりません。

「小さい島の一つくらい、くれてやれば?」
心広く言うひともいるけれど、
個人宅の敷地境界線の内側に、隣の家の人が何か物を平気で
置いてずっと知らん顔。それどころか置くものを増やしたりしたら、
「土地をあげます」
ではなく、
「どかしてください」
というでしょう。
それの国版が尖閣諸島で起きているのです。

尖閣から200カイリが日本の領海。
日本の漁師さんは安心して漁ができるのです。
もし韓国や中国領なれば、漁師さんが撃ち殺されても文句は言えません。
「島をあげれば」という人はそこがわかっていないのかな?
まして軍用艦がひしめくということは、
中国軍が太平洋に出てくることを意味しますから、
環太平洋の防衛が完全に様変わりします。
日本の地形を、太平洋の防波堤として考えると、
尖閣諸島は断じて日本国でなければなりません。(実際日本だし)
本来なら、北の拠点と南の拠点を
国がしっかり押さえなければならないのに、民主党では無理。
(それどころか売国に日夜いそしんでいます)
だから・・・というのはすごくよくわかる!

実によく言ってくれたなのですが、
買う場合、都民へのどのような還元があるのか。
また、今は石原都知事だからいいけれど、次の選挙で
左傾な都知事とか大阪の知事みたいな人が当選したら、
どーするんでしょう。
いくら石原じぃさんが頑固でも、
ずっと生きてずっと都知事ではないのです。

次世代知事がどんな思想。行政戦略を持つ人なのか、
それによっても大きく変わる問題であります。
この島は個人のモノですが、事態を観れば国が防衛すべき状態。
でも何もせず放置なので、いっそ買うのは賛成なのですが、
時期都知事をどうするかも見据えて、考えなければなりません。
これはある意味と民に課せられた課題のようなものですが、
尖閣諸島買うのは賛成なんだけど、同時にその辺にものすごく不安を感じます。

関連記事
[PR]
by ironyt | 2012-04-21 12:30 | ニュース

桜の時期に…・青野さん逝く

ここ最近、漫画・特撮・アニメそして俳優(声優)さんの訃報が続いている。
寂しい限り。
大好きだった滝口順平さんに続き、アニメーターの荒木さんや芦田さんの訃報に、
ガックリ来ている時に青野さんの訃報。

桜満開の中、また一人 時代を築いた方が、降りる事のない階段を上ってしまいました。

私宇宙戦艦ヤマトの真田さんであり、
バルディオスのガットラー総帥。
レッドドワーフ号の顔だけだったホリー
そしてウルトラマンのザラブ星人と・・・
近い所で「夏目友人帳」の露神様・・・・
他にも数えきれないほどあるけれど、好きな作品を上げればこんなところ…。

芝居の方もそれはもう、何も言えないうまさがそこにある役者さんでした。
また一つ歴史が消えた思いです。
[PR]
by ironyt | 2012-04-11 16:55 | アニメ・漫画・特撮

ウルトラマンサーガ 観てきました。

観てきました「ウルトラマンサーガ」
[超決戦!べリアル銀河帝国]
がメチャよかったので、今回もかなり楽しみに行きました。

ヴァンガードのCMでお馴染みのDAIGO=zeroが主役・・・。
という事をどこかで耳にしたのですが・・・。
もちろんDAIGO(役名タイガ)大熱演ではありましたが、
実際観てみると、話のウエイトはアスカの方が重い


ウルトラマンダイナ。実はかなり濃いストーリーで、
グランスフィアとの戦闘中に時空のねじれに飲み込まれてしまって
光の中で父親と再会を果たし、そのまま光の中へと消えていった・・・。
がラストシーン。
見せ場こてんこてんで、かなりグッと来たのですが…・。
なまじこんな設定のおかげで、
それ以降のウルトラシリーズには、「宇宙放浪ウルトラマン」という
かなり重宝な存在として、ちょこちょこお助け役に出て来たダイナ。

ちょこちょこであって、ストーリー全体に関わるのって少ない感じがありました。
が!
今回はなんと!「アスカ記念日」(笑った笑った)に始まって、最後までアスカ!
ダイゴはゼロとの合体をかなり拒んで、ゼロがミニサイズで戦わなければならないとか、
見せ場はそれなりにありましたが、
立ち寄り先の別の地球で人助け→敵との戦闘で石化→戻るという、
アスカ流れでお話は進みます。
c0086895_1748812.jpg


話の最初に出てきた元老院と化したじじ様たち(ウルトラマン~レオまで)
の会話の中で、並行宇宙という事を出たのがなんとも・・・ですが、
それは横に置いといても、
まるでお約束コンビのように現れたバット星人&ゼットンが
今一つ存在感が薄かったのが何とも。
デザイン的には、まるでどこかメタルヒーロー的でかっこいいバット星人。
東国原さんが声もいいでしょう。(うまかったです)
ゼットンも考えタンだろうな…とは思うんだけど、なまじ画像がクリアなだけに
地球外生命体の不気味さは減っているのです。
・・せめて幼体の時には不気味さの演出として、ネバネバ感でも出した方が
良かったのでは・・・・。
べリアル程の存在感はないのでした。

ダイナがベースというのと、コスモスが関わるのでもあってか
どうしてもヒューマンストーリーに奔ったのと、
女の子たち(AKBだったけ)で作った戦闘チームの
ファイトシーンもあるので、
怪獣の戦闘シーンが薄くなるのは仕方なしの感も
あるのですが、やはりウルトラマン。
アクションが少ないのはちょっと惜しかったです。

クリーンヒットは 弥勒さまと化したカオスヘッダー!
コスモスと作中死闘を繰り広げたはずのカオスヘッダーは、
ただ今ムサシと一緒に
遊星ジュランで暮らしている・・・という近況報告シーンで、
彼が白くまばゆい姿で、艶やかにくつろいでいる姿。
一瞬、電王のジーク連想したぉ・・・
大爆笑でした!


新作映画紹介に「タイバニ」もしっかり流れていたし、
あまり大きく求めず、楽しむにはいい映画となっていました。
次は是非、ウルティメットフォース・ゼロの話をつくってほしいです。



さて・・・。

映画館へ行くとこれから上映される映画も気になって、
チラシを長々と吟味するのですが、

その中でも気になるのが「アーティスト」
c0086895_17505331.jpg

白黒音無し。懐かしい手法で描くラブストーリィーということで、
手法とワンコが気になって観てみたいです。


c0086895_17525715.jpg

ガンダムUC
00以来、ガンダムを落ち着いてみていないのですが、
これは一度きっちりみたい作品なので、この上映は嬉しい!


c0086895_17542321.jpg

この夏はなんといっても「アベンジャーズ」
アイアンマンとキャプテンアメリカを楽しんだ身としては・・・これは堪りません!
何も考えないで見れるだろうと今から楽しみです!

c0086895_1756461.jpg

上映が9月になるので、5月21日の金環日食からは先になりますが、
安井算哲(渋川春海・江戸前期の天文暦学者)の話。
どうしてもドラマ重視になる邦画は苦手なのですが、
星好きにはかなり魅力!
[PR]
by ironyt | 2012-04-05 17:59 | アニメ・漫画・特撮

4月末ではなく、4月に入ったばかりなのに。

今日は4月3日。
明日には水星が巡行に戻るし、金星が双子座に入るから、
火星(乙女座。ただ今絶賛逆行中)・木星(牡牛座)・冥王星(山羊座)の
重厚な土のトラインに軽さを与えてくれる・・・と、実は数日前から、
ほのかな期待もしていたんですが、その直前で大嵐。

北欧では5月1日にだいたい的な春の祭りがあり、その前夜4月30日に
魔女たちの宴と呼ばれるワルプルギスの祭りが行われています。
(今だと>まどマギを連想する人も多いと思いますが、ものすごく
古い中世時代。ヘタすればその前からあるお祭りと言われています)
様々な力を持つ魔女たちが、陽気にどんちゃん騒ぎするので、
周囲の町や村は大変な事になるという言い伝えがあるようですが、
気象・気候の厳しいゲルマン地方だけに、
今日のような暴風雨を、そうイメージしたのかもしれません。
それにしても・・・・今日はまだ4月3日。
魔女が暴れる日にはほど遠いので、ほどほどに収まってほしいものです。


台風並みの低気圧 首都圏で強風が帰宅ラッシュの時間帯を直撃、交通混乱のおそれ

フジテレビ系(FNN) 4月3日(火)13時3分配信
首都圏では、低気圧による強風が帰宅ラッシュの時間帯を直撃し、交通が混乱するおそれがある。
JR新宿駅は、朝の通勤の時間帯に比べると、だんだんと風が強くなってきていて、帽子を飛ばされる人の姿も見られた。
3日は、早めに帰宅するつもりだといった声が多く聞かれた。
JR各社によると、在来線は、風速20メートルで速度規制がかかり、風速25メートルで運転見合わせとなる。
海沿いを走行する京葉線や武蔵野線は、特に注意が必要で、京葉線については、午後0時以降、運転本数を7割程度まで減らす見通し。
一方、新幹線は、東海道新幹線や東北・上越新幹線なども、風速30メートルで運転見合わせとなる。
また東京メトロでも、東西線の一部は橋を渡る部分があるため、速度規制や運転見合わせの可能性がある。
2011年9月に発生した台風15号の際は、首都圏ほぼすべての鉄道が止まり、交通がまひしたため、多くの帰宅困難者が出ていて、JRなどは、3日についても、早めの帰宅を呼びかけている。.
最終更新:4月3日(火)13時3分

[PR]
by ironyt | 2012-04-03 18:30 | ニュース


空の森の番人。きこりのロノのブログです。ペットと日常・・・。時事ネタからおたくネタもあり


by ironyt

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

ブログパーツ

カテゴリ

全体
ニュース
思った事
ペット
歩いた風景&お茶
アニメ・漫画・特撮
星の話
タロット

タグ

(357)
(219)
(203)
(168)
(159)
(121)
(68)
(66)
(39)
(39)
(33)
(32)
(28)
(27)
(24)
(21)
(17)
(12)
(12)
(11)

外部リンク

お気に入りブログ

さしより
湘南のJOHN LENN...
Less Than Zero♪
埼玉の中心から毎日を語る
特撮好きなパン丼のブログ
Go for it! ~...
TSURE-DSURE-...
ペキニーズ モモの鼻 
トイプードル りんちゃん...
BMI適正化計画
こすずめ日記
ある日のこと - New...
WHISPERINGS
ある日のこと - Day...
Happy Day
京都ときどき沖縄ところに...
To tomorrow ...
朝寝・夜更かし・つまみ食い
坂の上のサインボード
とうふ屋に生まれて。。。
Spice of Life
ラブラドールレトリーバー...

外部リンク

最新のトラックバック

2011年3月11日金曜..
from 湘南のJOHN LENNON..
亀岡事故「知人に車借りた」
from 時々時事爺
やんごとなき方々まで踏み..
from 日吉圭の時事寸評
12/3 〜12/4 の..
from 適当日記 Ver2.1
東京都青少年条例案 性交..
from 匿名希望の時事ブログ
ここは酷い功績七割錯誤三..
from 障害報告@webry
国母和宏選手の騒動に思う。
from 坂の上のサインボード
幼稚な親たち。
from 坂の上のサインボード
安定多数
from きんたの日記
同感です。
from ちょっと宇宙から見てみよう
国旗掲揚、国歌斉唱
from Gポケット
運動 場
from 健康第一
わかるような気持ちがします。
from ちょっと宇宙から見てみよう
飲酒運転への意識を今一度..
from 坂の上のサインボード
旧社会党(現社民党)を弾..
from 湘南のJOHN LENNON..
幼児に蒟蒻ゼリーを食わす..
from Gポケット
育児ノイローゼ
from 育児ノイローゼ
凄いよ!ヴェッテル
from 湘南のJOHN LENNON..
ばかばかしか。聞いてあき..
from さしより
子供を伸ばす子育て,教育..
from 子供を伸ばす子育て,教育の名言

以前の記事

2013年 08月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
時事・ニュース

画像一覧