読まずに食べないでお手紙返した黒山羊さん

本ブログ放置の間に事象はどんどん流れ、
その間に足の怪我で動けなくなったり、
やっと動き出せば怒涛の仕事。
 とりあえず…仕事ができるだけいいのですが、
久しぶりの半日休暇!
(家に入るんですけど、たいてい待機モード)

二三日前から、
韓国から読まずに返された親書の事で、
上も下も騒いでいる感じですが、
曲がりなりにも(笑)
国のトップが送ったラブレターを封も切らずに突っ返す。
この行為は宣戦布告とみなされて、
対外的戦闘行為に及んでもしかるないようですが・・・。

日本に非はなく落ち度もありません。
強いて言えば、アズミンが対処法として引き上げると言っているスワップ
そもそもこれの額を拡大認めて対応したの民主党&財務省だし、
つい最近の話。
多くの韓国人学生を返還義務なしの支援金で日本に留学さることで、
民主党が韓国を増長させた事くらいかな。

これまで外の世界を知らないで、
最近アメリカなどにバンバン車を売って
貿易黒字を出している黒山羊さんは、
外に対する礼儀が必要な事も学ばない(機会は山ほどあったのに)
でいたから、マナーというものがわからない。
好き嫌いはともかく、対社会的には、
そつなく振舞うのが大人の世界。
というのを知らないまま、貿易黒字国になっちゃったから、
非礼な問題起こすのは当然。
ここは明治の頃より先駆けて世界と付き合ってきた
大人の白山羊さん。
理知的に振舞うべきです。

韓国の自動車輸出を陰で支えているのは、
「鉄」という原材料を供給している日本。
被災地があるのに、スワップによって韓国の「ウォン」を助けているのも日本。
どっちも引き上げてしまえば、あれやこれやとこまるのは他ならぬ黒山羊さんです。

そんな躾けのなっていない、やさぐれた黒山羊と喧嘩なんて、
大人の白山羊さんがする必要はありません。
第一、する価値もないです。
黒山羊さんはものすごく強烈な反日教育を行っています。
日本人からはモノをうばっても、
命を奪っても平気。
過去の歴史など、立場変われば見方も変わるし、
ねつ造だってできる。なのにそれを盾にとって彼らは散々文句持たれるし、
近代史をよく知らない日本人が、
「韓国にひどい事をしたなら、謝罪しなきゃ」と
何かしてあげてもさらに文句を言ってくるのです。
(実際、既に国レベルではしています)
その経緯を知っている人たちは、
ここでお灸をすえる意味で、「戦争」と言う人もいますが、
ケンカはしてはいけません。

黒山羊さんが弱り果てるのを待つ、
痩せこけた野良山羊(北朝鮮)と、
その奥には元の飼い主(宗主国中国)が控えているから。

南北統一の口実を与える事によって、
これまで世界の警察であるアメリカが、
辛うじて守った38度線が壊されます。
何としてでも太平洋を抑えたいのが
中国共産党の悲願です。
その破壊力は、日本も呑み込むでしょう。
ケンカするなら、そこまで読んで「勝たなければ」
いけないのです。
黒山羊だけ痛めつけても意味はないのです。

「領土問題」は、国際法廷のテーブルに乗せて、
先進国が見ている中で行うべきです。
民主党は直接税増税の上、間接税の増税も動かしました。
もちろん、事情はどうあれ同調した自民党。大汚点ですね。
野田さんが就任してから今日まで、この人が見ていたのは
日本の未来でも
民主党でもなく、
ご自身の近くにいる財務官僚との約束なのでしょう。
それを果たすために、国を巻き込んで国力を下げたのです。

自民党総裁選後の10月解散を臭わせていますが、
また、日本人を殺しても罪に問わないレベルの、
半日思想を韓国が徹底して国民に教育している事も知っていて、
日本の国民がそれに気づかない様に
マスコミを操作し、これまで相当な資金援助をしたことで、
元々「ごね得文化」がある韓国を増長させたのは民主党です。
不退転の決意で人生に一度、
日本に役立つことを野田さんはするべきだと思いながら、
今の事態を観ています。
[PR]
# by ironyt | 2012-08-25 11:42 | 思った事

「大人を信じて」とは言えない。大津皇山中事件

忙しさの間に流れてくるニュースで気になるのは、
あまりにも懐古的な、反原発運動&オスプレイ反対の狂乱騒ぎ
そして大津皇山中の事件報道。
この事件は私に限らず、同年輩の子供がいる親にとって、
正直退任事には感じられない事なので、ついつい追いかけてしまう。

亡くなった子だけでなく、該当クラスの生徒たち。
そして皇山中の生徒たち。
本当に気の毒な限りです。
中にはイジメ通報をすることによって、
自分もやられるかもという、危険を感じても
先生に話した子がいたし、今現在、
何らかの責任を感じて、話してくれている子もいる。

大きなイジメ事件があると、決まり文句のように
「大人に話して」キャンペーンを
誠意なく貼るのが官公庁のスタイル。

件の皇山中の生徒は、話しても何もしてくれない。
自分たちの声など聞きもしないで裏切る大人の姿を
学校と担任教諭は観ているのだから、信用されなくても当たり前。

ここまででなくとも、全国津々浦々、こういう教師は
いくらでもいるのだろう。
そういう大人の聞くだけポースを続けることも、
子どもを絶望させたり、
いじめに走らせたり、一方的我慢を強いているってことに、
気が付かない人は、教師だけでなく教育委員会にも
いてほしくない。

学校への不信感からアンケートに回答せず…大津
読売新聞 7月23日(月)15時4分配信

大津市で昨年10月、市立中学2年の男子生徒(当時13歳)が
いじめを苦に自殺したとされる問題で、学校側が自殺6日後に
全校約860人を対象に行ったアンケートに、
学校への不信感から回答しなかった生徒が複数いることがわかった。

読売新聞の取材に応じた生徒らは理由を「(回答しても)
学校にはまともに取り上げてもらえないと思った」と語った。

現在3年生で、亡くなった男子と同じクラスだった女子は、
昨年の夏休み明け以降、加害者とされる同級生らが教室内で、
男子生徒に馬乗りになってフェルトペンで顔にひげを描いたり、
ペンを折って筆箱内をインクだらけにしたりする様子を目撃。
「自分も危害を加えられるのでは」と恐れながらも学校側に伝えたが、
対応してもらえなかった。
通報する生徒は他にもいたが、友人間で
「先生に言っても何もしてくれないから、言わないでおこう」
との雰囲気になったという。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120723-00000759-yom-soci


[PR]
# by ironyt | 2012-07-24 12:21 | ニュース

大津市皇子中の事件を観て 思う事

子どもの誕生した日から、
生育の過程で、身体的成長・心の成長に
一喜一憂し、時には不安も覚えて
やっとのことで小学校を卒業して迎えた中学時代。
13歳。
そこまで育てるに、親はどんな思いをしながら
日々を過ごすのだろう。

細かな違いはあっても
被害者側の親。
加害者側の親。
そのどちらも、楽をして子育てしてきたとは思えない。
そして、
何処の親も、自分の子供がいじめを苦にして
自殺を選ぶなど起きてほしくはないし、
人に危害や執拗な嫌がらせをするような人間、
犯罪を起こす人間に
は育ってほしいとは思っていないだろう。
そしてこれは多分、何処の親もたいして変わらないと思いたい。


それでも起きてしまった
皇子中という学校に通っていた男子生徒の自殺。
琵琶湖の近くにある地域とは、
まったく縁もゆかりもないけれど、
同年代の子供がいる親として、
暗たんたる思いで動向を見ていた。

しかし、ここ数日。
時間を追うごとに次々に上がってくる
いじめの全容と、
市の教育委員会と学校側の対応。
被害者の保護者が警察に出した被害届も受理されない
経緯があまりにもひど過ぎて
紺なのが日本の義務教育で起こること自体、
腹が立ってきた。

少なくとも
どこかで大人が、少年を守れば、
こんな事には至らずに済んだ範囲の事なのに。

「加害者側にも人権がある」
と言った教育委員会(以降、市教委)。
にはかなり嫌な気分になるが、
ということは加害者ありき。
且つ、加害者そのものを認めた上で、
そちらを擁護する立場で発言したと捉えていいと思う。

そんな加害者側を擁護するようにしか見えない
市教委と加害者側の保護者。
加害者の親が23年度のPTA会長だったなら、
顔なじみなのは容易に想像がつく。
地域や学校によってPTAも様々だが、
あまりにも熱心過ぎる(全員参加しないと村八になる)とか
特定宗教や思想を「正義」として、その理念で
こうどうするような方が役員になる場合、
気軽にむりのないPTA にはなりづらい雰囲気が出る。
件の中学の保護者の関係も、もしかしたら
PTAを巡っていろいろあったのかもしれない。
さらに加害者家庭は地元警察とも縁のある家という事で、、
地元行政絡みの独特な人間関係みたいなものもあって、
被害者側の家庭は、そことは縁が薄かったのか
無意識に押しつぶされていたと推察。


表に出ている情報に間違いがないのなら
これはもう自殺ではなく、
加害者の学生たちの「殺人」であり
自分たちだけに通じる常識
で対応した学校・市教委・
そして被害届を受理しなかった警察の
被害者見殺し殺人と観る方がいいと思えてきた。
件の中学で緊急保護者会も開かれたようだが、
加害者側の保護者に反省の色はない様子が
twitterには上がって来ている。
特に担任教師の意識の低さには、
呆れてものが言えない。
今の世の中、ただでさえ
多くの親は子育てに「不安」を感じている。
大人の無責任な気風で、
子供が犠牲になることを続ければ、
若い女性が出産に消極的になっても
無理はない。

市長も動くと言い切っているが、
形だけの有識者集めて無駄な会議とならないように。
被害者家庭のケア。
義務教育の在り方を根本から
見直すくらいの姿勢でいてもらいたい。
いじめ自殺ではなく、
寄ってたかって追い詰めて死を選択させた
殺人としてこれは正してほしい。
[PR]
# by ironyt | 2012-07-07 15:06 | ニュース

お笑い芸人の母 生活保護費受給騒動を観て思う事 2

数日前、この件をなんとなく書いたら、
渦中の河本氏が、会見を開くというのを聞き、
昨日、仕事の傍ら観てみた。

そしてそれから一日経って・・・
小宮山厚生労働大臣の発言。
単純に言えば、
「親族の扶養を強化&生活保護費を減額する」
という、一見もっともらしいけれど、
お粗末な発想に呆れた。
単に「三等新内の扶養強化」に乗り出すのは、
虐待親に殺されかけて逃げた人や、
親族関係がギクシャクしている家にとって、
惨劇を加速するだけになるので安易には賛成できない。

しかも、保護を求める親側は、そこを問われることなく、
子供の居場所の特定かでき、
捨てられた・虐待をされた側は、
自分の経緯を立証する必要も生じるので、
どうしても不公平感が残る。


そもそも彼が会見せざるを得なくなった根本は、
その申請が、生活保護を受けるにふさわしかったかどうか
という受給資格。
単に金額の問題だけではないんだけど・・・。
(親族含め合算1億近いので、「単に」とも言い難いけどね)


会見の中で彼は職業上収入が不安定」と言っていたけれど、
お笑い芸人だけでなく、役者・漫画家・アニメーター・
一部学者・スポーツ選手等々、
先の約束などなく、収入不安定な「職」の人は
この世にごまんといるの!

そしてそれは誰かにそれをやるように、
強制されたのではなく、
やりたいからその職を選んでいるのがほとんどじゃないかな。
ワタスも不安定職(完全出来高)故に、
大変さはわかる。
それだけに仕事が回るのは=多くの人の支えがあるから
であって、そこには感謝があるはず。
そして感謝の念があれば、
多くのファンの大多数。あるいはファンの家族が、
納税者しつつ、自分のためにお金を出してくれている
のもわかるだろうから、
生活保護を受けるにしても、
もっと違うスタンスでいたように思えた。
(決して受給者に恩を売るつもりもなければ、
受給者だからって必要以上に生活を窮屈にする必要もない)

あの会見を観て
泣いて「考えが甘かった」と言う彼に
同情も集まったけれど、
よくよく見ていれば、
弁護士から「余計な事を言わないように」
のレクチャーを受けた答弁。
そしてこの手の場につきもののような殺気立った
雰囲気の記者もいそうになく、
静かな質疑応答劇。
あまりにもよくできたステージ会見でしかなく、
疑惑や疑問の解消につながらないから、
逆に彼の事を根掘り葉掘りする人まで出てしまった気がした。

確かにプライバシーの問題でもあるけれど、
母親のみならず、その姉妹が同じ敷地で別所帯として
やはり生活保護申請をしているのが事実なら、
きちんとした説明をしないと、
よくよく知っている人は納得しないだろう。
何しろ生活困窮者支援が目的の制度なのだから、
単に年間の受給額だけでなく、
医療費免除・住民税免除
nhk受信料免除・ライフラインの経費免除等々
自治体によってのオプションもある訳で、
それはすべて税金で補てんされている。

金額に換算したら、
一人頭300万以上の収入と変わらない話になるのである。
これをどうやら、母とその姉妹とでそれなりの年月にわたり
受けていたのが事実なら、億単位まで膨れても無理はない。
もちろん、事実その経緯がないのなら、
それをハッキリ言えば済む話なのだから、
「ごめんなさい」の前に、キチンとした説明を
した方がよかったのでは?

記憶が間違っていなければ、
デビュー前後で、100万近く稼いだと
会見で言っていた気がするけれど、
中にはギャラが月1万円にも満たないで、
張り付き仕事の芸人・芸能人などザラにいる。
出たでで年間100万近くなら、
吉本は相当彼を見込んでいたわけで、
ここ近年、彼がものすごく売れただけの下地
とも思える金額だ。
もちろん、それでは親を観れないのは事実。
だから、子どもに迷惑かけたくない親が、
生活保護申請をするのは間違っていないし、
自治体が受理したならそれはOK 。


ただ・・・年収がかなり上がり、
しかも自分を苦労して育ててくれた
お母さんの事を本として出して、
それなりの印税も発生した現実を前にして、
お母さんの生活保護をそのままにしていたのも
疑問視される部分だろう。

彼が虐待親に酷い目に遭い、いつ殺されるかわからない、
結婚相手や子供に危害が及ぶので断絶が何年も続いていた。
というなら、放置してもいいと思う。
>苦労して自分を大切に育ててくれたお母さん<
感謝の念が強くあるのなら、
生活が安定したら面倒を観たくなるのが普通ではなかろうか?
年収500ほどで子供が二人ほどいて、
共稼ぎで親を観ている人。仕送りをしている人など、
今時いくらでもいるだろうに。
彼にも家庭があるのはわかるが、少なくとも
数千万する外車を数台もつ経済力で、
自分の家庭しか養えなかったも通らない。

ここ近年、不正受給の件を問題視する傾向にはあった。
名も知れない一般人よりも、よくも悪くも目につく芸能人だけに、
矢面に立たされた感もあるが、
本当に気の毒なのは、真面目に働いて納税している人と、
困窮でどうにもならないけれど、
申請を断られたり、打ち切られて亡くなる人たち。
つつく側も擁護側も
「生活保護」という社会的救済をどうしたら、もっと
いい形で機能させられるか、、関心を持ってほしい。

関連記事
[PR]
# by ironyt | 2012-05-26 20:32

お笑い芸人の母の生活保護費受給騒動を観て思う事

・・・事の発端は4月上旬、
女性セブンでお母さんの生活保護受給が報じられた
吉本のお笑い芸人河本準一さん。
その後、日刊サイゾーで、本人が生活保護費を受給しているとか報じられた。

その実の年収は定かではないけれど、先にも書いたとおり、
あちこち出て売れている人物が、最低年収200万以下はないと思う。
そして彼が実母による扶養、育成を全く受けていないなら、
断る理由もわかるけれど、
大赤字を抱えた市役所(ドンは今注目の橋下知事)から、
お母さんの扶養サポートを求められても
「「そんなん絶対聞いたらアカン!タダでもらえるんなら、もろうとけばいいんや!」」
と言い放ったという話が本当なら、これ、エライ事です。

彼が所属しているのは、かの有名な吉本興業。
面倒見がいい事務所なのか、
この騒動に関して吉本興業は、彼を援護すべく
「生活保護の不正受給ではない、プライバシーの侵害」
だと反論した模様。
面倒見がいいのは微笑ましいんだけど、
所属先=会社のコメントとしては何か違わない?

生活保護受給に限らず、
助成金などの申請は、前年度の年収で観ます。
本当に彼に昨年度年収がなく、
今現在、三度のごはんを食べるのにも
事を欠くのであれば、本人が申告しても構いません。
ましてそんな状況では、気持ちがあっても
お母さんの事まで経済が回せないので、
お母さんが地元で生活保護を受けるのもいいでしょう。

因みに都内の30代夫婦が生活保護を受けた場合の一例。
>就学年齢の子2人の世帯で試算した場合、
扶養家族分の保護費に授業料や通学費などの教育関連扶助を加えると
少なくとも月額29万4260円。
年収にすれば350万円である。
また、医療扶助により医療費が無料となるほか、
住民税や水道基本料金、NHK受信料の免除、
自治体運営の交通機関の無料乗車券など、
事実上の“追加給付”もある。

大阪市がどんな基準化知りませんが、
あくせく働く350万家庭よりもいいのでは?
という気がしています。
でそれにしてもも・・。
誰もがあちこちでしょっちゅう顔を観る芸人である河本が、
実は事務所からほとんどもらっていない。
年収350万以下としたら、
事務所はいったい、いくらピンハネしているの?
という疑問が出てきます。

障害者雇用をすることで、国からの助成金を
受けようとする企業よろしく、
稼いだギャラをお笑い芸人本人に渡すかわりに、
生活保護を受け取らせるような
企業が吉本興業な「のでしょうか?

なんでも実のお姉さんまでが、
この件を重く見ている片山さつき議員に
クレームを入れているようだけれど、
本当に不正をしていないのなら、
彼も一般人ではなく、名の売れた芸能人なのですから、
いっそお母さんの受給期間と彼の年収を公表した方が、
スッキリするんじゃないかな。
後ろめたくなければできるでしょうに。

一般的には、受給までのハードルは高いと聞くのに、
ここ近年、生活保護の受給や母子家庭の
不正受給も問題視されているので、
せっかくある救済措置を、正常に機能させて
本当に困っている人の自立支援になるようにしてほしい。
そうでないと、真面目に納税している勤労者の
納税意欲を著しく下げる事になるし、
真面目に受給している人まで嫌な思いするだろう。

生活保護関連記事
過去最高の受給者記録した生活保護 その「恩恵」と「制限」
http://news.livedoor.com/article/detail/6585193/

下記も関連記事です。
[PR]
# by ironyt | 2012-05-23 18:36 | ニュース

久々にお月様の事

仕事の忙しさについついブログの更新が遅れる・・・
あっという間に5月も後半!

先日の金環日食には、日本中が大いに沸いて
星や月に関心を持つ人が増えてくれると嬉しい反面、
運転中に日食が気になって事故ったりとか、
夕方の渋谷駅では通り魔による刃物事件と、
物騒なことまで。

新月・満月の時は
どういう訳か人も興奮しやすく、
問題がより起きやすい傾向にあるという内容は、
以前にも書いたので重複しますが、
もう一度月の周期をザックリ書いておきます。


最初は見えなかった月が、 段々に太り痩せていくという、
一つのサイクル
新月 から 満月 そして次の新月までの期間が、約30日。

もちろん、私はドクターではないので、具体的な症状に関しては、
直接病院へご相談が大前提になりますが、
何かを始めるにしても、
食事療法やダイエット等、体調管理を行うのにも、
この周期を取り入れると、、非常に効果的です。


新月  
「新しい事のスタート」
何事も初めが肝心!という事で、スタートをするのにも「時」が大切。
夜空のどこを観ても月が全く見えない時は、
目的を具体化するためのアクションを起こすにはうってつけ!


上弦の月  
徐々に姿を見せてくる月が、半月となるのが上弦の月。
満月を迎えるまでの間は「吸収」してゆく時期なので、
物事であれば意欲的に動く時。
また栄養摂取が活発に行われる時期。
特に高血圧やダイエットなので、、
食事のコントロールが必要な方は、
できるだけ高カロリーなものを控えた方がいい時期。
お肉が食べたいのであれば、蒸したり茹でたり。
また野菜を食べる際も、ドレッシングなどは控えるのがgood!
甘いモノが欲しい!
そんな時は、リコリスティーがおススメです。
塩分過多なども満月の頃、
むくみとして出やすいのでご注意を!


満月  6月4日 
「成熟」や「成就」。
努力が目に見える結果となる時期。
もちろん、思い通りではない「結果」や、
いいことにはならない事も多々あります。
その場合は、軌道修正や時には、
諦めるという選択肢も入ります。
また満月前後3日間は、 
パワーが散漫になりやすいのか、
暴飲暴食にも要注意!
世間的にも大きな事件事故が起きやすい傾向があります。


そして・・・満月を機に下弦・新月に向けては、
エネルギーも下降する(絞り込む)時期なので、
パワフルな活動期ではありません。
ダイエットや体調管理をなさっている方は、ここからが本番!


下弦の月  
下弦から新月までは、不思議なくらい一段とエネルギーが
衰え安く、体調を崩しやすくなりがち。
栄養吸収も落ちるので、
むしろこの時期にカロリーの高めのものを摂取するといいと思います。

仕事などのスケジュールには時間的余裕を持つこと。
静かに考える事・調べもの・整理には向いている時期です。
不毛な対人関係や恋愛にピリオドを打つのもOK。
禁煙とか禁酒。生活習慣を改めるには向いているので、
ここで計画を立て、新月からスタートしましょう。
[PR]
# by ironyt | 2012-05-23 17:46 | 星の話

謝罪の心理 亀岡暴走事故の加害者の父親を観て思う事

とうとう亀岡の事故は<亀岡暴走>と書かれる状況にまでなった。
そして事故そのもののみならず、事故後の加害者親族の動きで、
警察や学校から被害者側の個人情報を引き出すという、
別の騒ぎまで起きてしまっている。

加害者の父親が、被害者遺族や家族に謝罪をしたい。
そう思うのは間違いではないと思う。
実際問題、何の音さたもせず、
通夜や告別式にも出なければ、それはそれで
何か取りざたされて言われたのでは?
という気もするし、
自分が息子がしでかした過ちを親が詫びる事は
間違っていはいない。
そのことで警察に相談する。
あるいは、親族のツテ辿って、小学校側に相談を持ちかけるまでも
場合によってはいいだろう。
>許してもらえることではないけれど、
せめて祭壇に手を合せたいのですが、
ご遺族に連絡を取っていただけないでしょうか<

もちろん、それを受け入れるか、
ふざけるな!
と怒るのも被害者側の自由であることを前提にだったら、
こんな問題はなかったと思う。

あまりの事態にテンパるのも推測できるが、
どこまでも「とにかく謝らなきゃ」が
先行してい他とするならば、
それは何処までも自分の気持ちであって、
遺族の状況や気持ちを配慮する意識とは違う。
この父親の思考と行動が、
謝りたい自分の気持ちを満たすために動いた
のなら、相手の事情や気持ちを推し量る
余裕はなく、強硬に出るのも無理はない。

アッサリと教えてしまった警察や学校も、
「謝りたい」という姿勢についホロホロと
多分、悪気はなかったと思う。
でも事件や事故が起きた直後にもかかわらず、
加害者側が被害者側に接点を持知たがる場合は、
かなり慎重に対応すべきだし、
「こちらから連絡しますが」
でよかったのに…。

この件は、
自分の心理や行動に疑問を持ったり、
よく考えたりせず、
気持ち優先で生きる人ならではの事態に見えてくる。、
そういう親の背中を観て育ったから、
気持ちや行動の管理ができないまま、
ついにこのような重大事故を、
青年が引き起こしたように思えてならない。


<亀岡暴走>松村さんの携帯番号 小学校教頭が漏らす

2012年4月27日 00時09分 (2012年4月27日 03時14分 更新)

京都府亀岡市で児童ら10人が死傷した事故の
被害者の連絡先が加害者側に漏れた問題で、
事故で死亡した松村幸姫(ゆきひ)さん(26)の
携帯電話番号を、市立安詳(あんしょう)小の
東佳明教頭が知人を介して、
少年(18)=自動車運転過失致死傷などの疑いで
送検=の父親(47)側に漏らしていたことが分かった。
同小には、松村さんの長女(6)ら被害児童が通っている。

 竹岡敏・市教育長、湯浅吉則校長、東教頭の3人が27日未明、
同市役所で記者会見。東教頭は冒頭、
「本当に大変なミス。被害者につらい思いをさせ、
多くの人にご迷惑をおかけした。反省している」
と謝罪した。

東教頭によると、携帯電話番号は、
学校に保管されている松村さんの長女の「児童調査票」に
記載されていたもの。
東教頭の教え子の保護者で、父親の親戚に当たる人物から
「父親が、誠意を示すため松村さんの葬儀への参列を希望し、
日程や場所を知りたがっている」と聞き、
日程と携帯電話番号を伝えた。
番号は松村さんの夫の名前の横に書かれていたため、
夫の番号と思っていたという。

少年の父親は、亀岡署交通課の男性係長から受け取った
被害者の連絡先を書いた文書に、
松村さんだけ固定番号が記されていなかったため、
携帯電話番号を尋ねたという。

東教頭らは26日夜の通夜の後、
松村さんの遺族に直接会って謝罪した。
竹岡教育長は
「地方公務員法(守秘義務)違反に当たる行為で、処分対象になる」と述べた。

[PR]
# by ironyt | 2012-04-27 14:07 | 思った事

報道する側とそれを見聞きする者の温度差

京都府亀岡市の10人死傷事故を巡り、
別の問題も浮上してきている。
昨日私も見たけれど、
急搬送先の兵庫県豊岡市にある、公立豊岡病院の但馬救命救急センターがブログで、
霊安室前でカメラを構え、帰ろうとする被害者家族を撮ったというもの。
ブログ内で指摘を受けた
朝日・毎日・読売(いわゆる三大新聞ですね)
は、その事実を否定しているようだけど、
良くも悪くもブログは世界に向けて、
情報発信するツールなので、忙しい救命救急の場が、
根も葉もないことを書くとは思えないし、
わざわざそんな事を書くほど暇だとは思えない。

撮影した映像は、既にマスメディアに流され、
多くの人の目に触れたのだろうか。
それをしているかどうかで、状況が変わるかと思うし、
何処のマスコミもいかに安価で早く、
他社と違う内容のネタをと、躍起になるのはわかる。
それが飯のネタなので、ある意味は・・・という所もあるけれど、
だからといって断りもなしに
悲しみに暮れる霊安室前にカメラを置けたとしたら、
そうとう神経が図太い、あるいは人を思う感性が
マヒした人になったのだろう。

かねてからマスコミの過熱取材は話題になり、
問題視もされる。
一見自粛ムードも無きにしも非ずだけれど、
結局こういうことになるのは、
安価で短時間取材というマスコミの事情と
免罪符の如くでてくる「視聴者の知る権利」

確かに私たちが情報を取る際、限度も限界もあります。
だからマスコミが必要なのだけれど、
事件や事故の関係者でない限り、
いつどこでどう言う事故や事件があって、
どういう結末を迎えたかがわかれば、
それ以上それ以下は必要ないと思う。
少なくとも遺族を追い回すようなことはしないでほしい。

ただ視聴側にも問題があって
悲しみ暮れる遺族の映像をTV越しに観て
「かわいそうに・・・」
といくら悲観に暮れる人はいる。
だからといってその人たちの何人が、
運転する際に、カーナビの示す向け道を走らない。
あるいは徐行して走るだろうか。
細い抜け道をすっ飛ばす事を改めなければ、
それはただ映像につられて感傷に浸るだけで、
注意喚起にも警鐘にもならない。

とにかく朝起きたらすぐTVをつけるという人は、
いまだに生息するし、ここ数年身近に見てきたが、
TVの向こうからくるものを無頓着に受け流しているだけなら、
ヒドイ事件事故の報道を観て、
興奮した末に単に人と話す時のネタにするぐらいで終わってしまう
のがせいぜいなのでは・・・・
何の疑問もなくTVを観る人はそんなタイプが多いんだろうな…。
だから偏向報道や作為的な番組を作られても何の疑問も感じずに、
マインドコントロールされる。
報道する側がお安い取材で稼ぐには、うってつけの相手だとは思うし、
過熱取材の背景には、そんな需要と供給が存在すると思えてならない。


今回の公立豊岡病院の但馬救命救急センターがブログで発した内容の
事実関係も大事だが(根も葉もないことは言ってないと思いますが)
マスコミ側もこれを機に「報道」というものをもっと考えてほしいし、
何故、TV離れや新聞離れが起きているのかも考察してほしい。
また報道を観る側も。もっと内容を考えてかみ砕いて考えて
欲しいけれど…難しいのかな。

More亀岡事故、行き過ぎた取材だったのか 病院「心が腐っている」vs新聞社「事実誤認、訂正を」
[PR]
# by ironyt | 2012-04-25 16:07 | 思った事

2012.04.23 京都・亀岡市10人死傷事故報道について  2

この事故に関して、一番悪いのは
無免許で運転をしていた18歳の少年(青年と私はいいます)。

関連記事を観ると、ドライブが趣味とか言っているようだ。
過去にはバイクを無免許で運転・・・・その時点で、
無分別に乗り回す癖があることくらいは
認識すべきだったろうと思う…。
この青年の父親が
「一生かけて償ってほしい」旨のコメントをしていて、
聞く人は「まるで他人事に言う父親」に対して憤慨してる。
確かにね…。
産んだのは母親でも、種付して産ませたのはこの旦那だし、
まだ未成年だから、被害者は丸晒し報道されるけど、
息子も自分も名前は報じられないで済んでいます。
が、その分、保護責任者として加湿は取られるのでは?
と思う。

一方的に命を奪われた子供とその家族。
あまりにも被害が大きすぎる上、
遊びの末で轢いたとなると、情状酌量の余地はないと思う。
それを踏まえた上で・・・
小学生の子供を持つ保護者は、被害者側の視点で見るけれど、
18歳前後の子供を持つ保護者はどうなのだろう。
まるで「他人事」のように言った父親のコメントに対して、
単純に
>こんな親から生まれ育ったから。
と思える人もいれば、
>うちの子も予備軍なのかも。。。と内心、冷や冷やな
保護者もいるのでは?と両者が思い浮かぶ。

「子供って、何考えているかわかんないよね」
あの子がどう思って何考えてるのか、わかんない。
だから、大きくなるにつれて不安も出てきた」
と言ってどこか不安を抱え嘆く親は多く、
そのたいていは母親。
まぁそうだよね。
普通、どの親も
自分の子が非行に走るために子育てはしないもの。
過干渉~放任に至るまで、
基本的に犯罪など、とんでもない。
そんなことだけはあって欲しくない。
と、思いつつ育てるのは、どの親も同じ。

男の子も女の子も、ある程度育てば
いつまでも親にまとわりつきはせず、友達との仲を優先する。
そうであってもなくても、いくら自分が産んだからって
子どもも一個の人格を持つ別の存在なので、
わからないのが普通だし、何もかも把握する必要はないと思う。

こちらが自然体でいれば、
口には出さなくても、常に自分を案じていることが
頭の片隅にあれば、子どもはここ一番を踏み外したりはしないけれど、
そこに至るまでの道のりは、その親子で違うから、
幼稚園からずっと一緒の子同士でも、違いは出るんだよね。
子どもが自己を主張した時、
恐れが多すぎたり、自信がありすぎた親は
子どもから目をそらすケースが多いけど、
それだと根本問題の解決にならないで、
後々問題をお大きくするのだけれど、
この事故の青年も多分そんな気がする。(勝手な憶測)

そしてこの事故を通じて
「若い子が危険」キャンペーンが始まりそうな気もするけど、
危険運転に関しては、60代以上の世代も多いので、
問題視するなら、年齢問わず問題すべきだし、
安全性を問うのであれば、対処法として
アクセル開ければすぐ走るゴーカート式のAT車の普及を止めて、
マニュアル車に戻すのも手であるが、そんな声はマスコミからは上がらない。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120424-00000544-san-soci
逮捕の少年、サイトに書き込み「趣味はドライブ」 亀岡・暴走事故

産経新聞 4月24日(火)14時19分配信

 京都府亀岡市の府道で集団登校中の小学生らの列に軽乗用車が突っ込み、
10人が死傷した事故で、
自動車運転過失傷害容疑で京都府警に現行犯逮捕された亀岡市の
無職少年(18)がインターネットサイトの会員制交流サイトで
趣味を「ドライブ」と書き込んでいることが24日、分かった。
日常的に娯楽として無免許運転を繰り返していた可能性もある。

 一方、車は少年らの友人名義といい、
府警は道交法違反(同)の幇助(ほうじょ)容疑を
この友人にも適用することを視野に事情を聴いている。

府警によると、重体の亀岡市立安詳小学校1年、
西田琉輝(るき)君(6)と3年、横山奈緒さん(8)の容体は変わっていないという。

関連記事
[PR]
# by ironyt | 2012-04-24 16:03 | 思った事

2012.04.23 京都・亀岡市10人死傷事故とその報道について  1

昨日、人身事故で小田急線のダイヤは乱れるし、
雨の中やれやれと思って店について…
PCを立ち上げて・・・・
>18歳の少年(青年でいいと思うが)が無免許で、
登校中の児童の列に車で突っ込んだ<
という報道を知り愕然とした。

また京都。
未成年で無免許。
なんでも友人たちと一晩車を走らせた末の居眠り運転。
犠牲となってしまったお子さんや、
付き添って歩いた妊婦さんとお腹の赤ちゃん。
まだ容体が危ない子供。
怪我をした子と怖い思いをした子
地域の方々。
どれに思いを巡らしても、暗たんたる思いになる。

そこに持ってきて救命救急先である病院で
<特ダネ>を狙う無分別な記者たち。
少なくとも私とその周囲の人々は、
悲しみや不安の渦中にある家族や遺族を
観ることで興奮して騒ぎ立てるような視聴者がいるのだろうから、
どうも彼らマスコミは傷を負う者を白日に晒すのが、
真実の報道だと思いたいのだろう。
その方が取材として楽だろうし、観る側も「かわいそう」気分に浸れて
満足できるという、粗末でお手軽な需要と供給がまかり通っているから、
飲酒による事故も無くならないし、こんなふざけた事故も続くのだと
ついつい思ってしまう。

はては無免許で車を運転していた本人より、
道路の安全性に視点を向けようと、報道しているように見えてくる始末。

確かに時々、夕方にニュースでも、
「危ない通学路」をプチ取材したりはしてるし、
危険な道路に着目するのは間違ってはいない。
けど…。
事故を起こしてしまった18歳の青年(あえて書きます)の事と、
道路の危険性は別に分けて報じるべきだと思う。
だから青年の事は別に書くとして、
出たついでなので、云々されている通学路の事を先に。

この事故の記事すべてに目を通したわけではないけれど、
事故現場となった、亀岡市の安詳(あんしょう)小学校のこの通学路は、
歩きやすさの確保のために道を広げているので、
少なくとも行政側や地域も努力はしていたと思う。

惜しむらくは、スクールゾーンとなる時間を、
一方通行ではなく、車両乗り入れ禁止にしなかった位である。
たとえ車両通行禁止時間を設けても、
違法に侵入する車があるというのは、
私も自分の子供が通う学校の通学路で観ている。
いっそこれを機に、わかっていて侵入する車を防犯カメラで撮る。
或いは写メるなどして、警察に通報し、
駐車違反以上の原点と
10万以上の罰金刑にしてはどうかと思うほどだ。

毎年4月、5月はだいたいの小中学校でPTA役員が入れ替わり、
特に小学校は、同時進行で1年生を迎えるにあたっての
交通指導をしている。
事故(事件)の起きた安詳(あんしょう)小学校も、
同じような活動を、たまたま役員になった一部の
父兄が行始めていたのではと思う限り。
どこも何故か新学期が始まる頃。
また長期休業に入る前、
比較的大きな事故が起きやすいと言われている。
所によっては毎年、通学路の危険個所改善提案の書類を、
地元警察や教育委員会にあげたりしているのが一学期で、
返答を貰える時期が早くて12月。
遅いと年度末前だったと記憶。
そしてよほどでなければ、特に目立って
変わることはない。

「人死にが出ればやるんじゃない?」
と、半分諦めとブラックジョークを込めて、
いう事はあったが、
今回これほどの事故があったからこそ、
どんな人も通学路の安全を着目するけど、
日常の旗持ち当番などを嫌がる保護者。
出ない保護者などどこにでもいると思うし、
自分の子供が実際何処をどう歩いて通学しているのかなど、
考えもしない保護者も存在する。
行政の問題を云々するものありだけど、子供を通わしている保護者。
特に仕事にかこつけて子供を一切顧みない保護者は
暑くても寒くても、ランドセルを背負って歩く自分の子供の道を
リアルに連想できるのだろうか?
毎年、運動会の都度、保護者に
「通学路を歩いてきてください」を問いかけているが、
大半が歩いては来ないし、違法駐輪をしていた。
もちろん、事故を引き起こした18歳の青年が一番元凶だが、
彼の父親は一度でも息子が歩いた通学路を歩いたのか疑問。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120423-00000037-mai-pol

関連記事は下です。
[PR]
# by ironyt | 2012-04-24 15:04 | ニュース


空の森の番人。きこりのロノのブログです。ペットと日常・・・。時事ネタからおたくネタもあり


by ironyt

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ブログパーツ

カテゴリ

全体
ニュース
思った事
ペット
歩いた風景&お茶
アニメ・漫画・特撮
星の話
タロット

タグ

(357)
(219)
(203)
(168)
(159)
(121)
(68)
(66)
(39)
(39)
(33)
(32)
(28)
(27)
(24)
(21)
(17)
(12)
(12)
(11)

外部リンク

お気に入りブログ

さしより
湘南のJOHN LENN...
Less Than Zero♪
埼玉の中心から毎日を語る
特撮好きなパン丼のブログ
Go for it! ~...
TSURE-DSURE-...
ペキニーズ モモの鼻 
トイプードル りんちゃん...
BMI適正化計画
こすずめ日記
ある日のこと - New...
WHISPERINGS
ある日のこと - Day...
Happy Day
京都ときどき沖縄ところに...
To tomorrow ...
朝寝・夜更かし・つまみ食い
坂の上のサインボード
とうふ屋に生まれて。。。
Spice of Life
ラブラドールレトリーバー...

外部リンク

最新のトラックバック

2011年3月11日金曜..
from 湘南のJOHN LENNON..
亀岡事故「知人に車借りた」
from 時々時事爺
やんごとなき方々まで踏み..
from 日吉圭の時事寸評
12/3 〜12/4 の..
from 適当日記 Ver2.1
東京都青少年条例案 性交..
from 匿名希望の時事ブログ
ここは酷い功績七割錯誤三..
from 障害報告@webry
国母和宏選手の騒動に思う。
from 坂の上のサインボード
幼稚な親たち。
from 坂の上のサインボード
安定多数
from きんたの日記
同感です。
from ちょっと宇宙から見てみよう
国旗掲揚、国歌斉唱
from Gポケット
運動 場
from 健康第一
わかるような気持ちがします。
from ちょっと宇宙から見てみよう
飲酒運転への意識を今一度..
from 坂の上のサインボード
旧社会党(現社民党)を弾..
from 湘南のJOHN LENNON..
幼児に蒟蒻ゼリーを食わす..
from Gポケット
育児ノイローゼ
from 育児ノイローゼ
凄いよ!ヴェッテル
from 湘南のJOHN LENNON..
ばかばかしか。聞いてあき..
from さしより
子供を伸ばす子育て,教育..
from 子供を伸ばす子育て,教育の名言

以前の記事

2013年 08月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
時事・ニュース

画像一覧