タグ:ブログ ( 203 ) タグの人気記事

日本史を出汁にエゴを全開にする似た者同士

10月25日。
「都知事辞めて新党」
というドッキリ発言以降、物議を醸す
石原慎太郎氏。どうやら、橋下知事と平沼さんの間を取り持って
薩長連合ごっこを決め込みたかったようだけれど…。

橋下知事にしても石原氏にしても
いい加減「維新」「維新」言うの止めていただきたい。
個人的にあの時代を好むのは結構だけれど、
どんなに憧れようが何しようが、
あの時代にはなれないのだし、
今の時代とあの時代は違う。
またあの時代の人とも違うのに・・・。


あの時代(細かい事は忘れましたが)
幕藩体制という国の根っこを
議会制に変えたんだよね。。。。。
根底の根底を変えるから、大騒ぎになったし、
帰る側(それこそ薩長連合)の主だった人たちは
帰るべき国の理想像。
ビジョンを強く持つていた。

今までと「違う形」に変えるということは
それまであったすべてを壊すことになる
ということを連想できる人は少ないの?
それは3年前の衆院選の時、ぞっとするほど感じたこと。
政権を変えるということは、「思想」を変えるのだから
問題のある部分を変える部分修正でも
これまでのいいところを残してもない。
悪いものだけでなく、問題のないもの。
変える必要のないこともすべて壊す。
自民党(民主主義)から民主党(社会主義)に変える
ということはそれを意味していた。
そして変えて…今どうなのだろう。

一部で橋下さんなら「今の日本を変えてくれそうだから」
的な雰囲気があるけれど、
でも、今の橋下さんには国の根底を変えるだけの
「ビジョン」を感じない。

国際競争力の高まっているこの時代に、
道州制を引いて関東圏対世界
関西圏対世界で渡り合っていけるの?
好き嫌い場別として、
民主党がケチっている「地方交付税」が出ないと
借金して地域行政を賄うことになる地方がどれだけあると思うの?
5分間隔で次の電車が来る都心と
1時間に1本電車がくればいい田舎は、
さまざまな面で条件が違いすぎるのに、
そこは語ってない気がする。

脱原発。
代替えがあるならどうぞの範囲で、
電力が不足すれば、産業がダウンする。
それは雇用と経済のダウンにもなる。
石油の輸入だけでもハイリスクハイリターンなのに、
それ以外の生活エネルギーを海外からまかなうようでは、
喉元を常に占められている状態と変わらない。

天皇陛下を国家元首になさるのであるなら、
大阪を都にするのではなく、天皇家に遷都していただくのが筋だろうし、
近衛の復活もしなければならない。

石原氏に至っては後残り2年、
国政に未練はあるだろうが、都知事で終わられた方がよかったのでは?
「保守」を好む人からは石原氏絶大な支持があるし、
都条例の件ではかなり来るところはあるけれど、
それなりのものも持っているのは認めていた。
どうしても国政に出るなら、立ち日結党時に行くべきだったのに。
先の自民党総裁選の際、伸晃氏が落ちた後の挙動だけに
(実際、まだ噂の範囲だが、)石原家の三男を
「維新」から出すのどうのの話も耳に入っているけれど、
最後の最後だから「石原家から総理のいす」を狙っている
といわれても仕方ない。
それが都の安定
国の安定にリンクするならいいけれど
少なくとも今回の選択は
「公人」としての選択というよりも「私」が強いように思える。

維新の志士と呼ばれる人たちがすべて純粋だったとは言わないが、
彼らは「武士」として命がけで自分のやるべきことをしただけ。
その彼らに「あやかる形」をとらなければならないあたり
新しい未来を築くという意味ではナンセンス。
そして大変恐縮だが、上から目線で人を見下す感覚は
石原氏も橋下氏も大して変わらない。
うまくいくようには見えないんだけどね・・・・。

平沢さんお疲れ様でした。
「維新」と組まずに行くのであれば支持します。

新聞記事はこちら
[PR]
by ironyt | 2012-11-04 16:14 | ニュース

誰がいくら受取ろうと自由と言えば自由なのですが…。

民主党、若手議員40人に現金1人300万円
民主党の輿石幹事長と安住淳幹事長代行は17日、
衆院当選1、2回の同党議員約40人と党本部で個別面談し、
次期衆院選に向けた活動資金として300万円ずつ交付した。

従来の銀行振り込みでなく、安住氏が茶封筒に入った現金を手渡した。
離党防止や求心力向上の思惑と見られ、
出席者からは「現金だと気分が違う」との感想も漏れた。

安住氏は選挙区情勢が上向いた議員の活動費を2倍にすると発破をかけ、
新党「日本維新の会」の支持率下落を指摘、
「民主党で頑張れば必ず勝機が来る」と激励した。

(2012年10月18日12時26分 読売新聞)

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20121018-OYT1T00285.htm

全うに働いている人なら、はいいくら手にしようが自由です。
そしてペーペーの1年生議員に、自力で選挙戦勝ち抜く
金も知恵も人材も乏しいのも確かで、
党がバックアップするのも筋と言えば筋。
(その前に、さっさとやるんでしょーね、衆院選!)
しかーし、今時コレを現金でやるの?
自民党与党時代、不透明なお金(モチ代・氷代)は
云々と、マスコミが叩いたし、こっちもあまりいい目では見ていなかった。
そこで・・たしか2003年か4年、
安倍さんが幹事長してた時に党改革で
「議員の金銭感覚麻痺させるし、政治と金という目で見ても誤解飼いやすい」
ということで、所属議員への現金配布は止めたと記憶している。
第一、必要な活動経費は、政党支部に振り込まれるのだから、資金の動きも明白だし、
し政党支部で収支報告の方が、ロスもミスも誤解も少ない
という判断はすごく普通な事だと思うんだけど…。
確かに民主と自民は違うのかもしれない。
そして配布を受けた議員たちの中には、
身を粉にして国民のために東奔西走している
議員もいるのかもしれないが…。

なにせここ3年間、
民主党のしてきたことを観れば、国民のための行動とも思えない。
こんな金で党員流失を防ぐ暇があるなら、
さっさと国会を開き、
流用を疑われている復興予算の使用を
明確にする方が先ではないか?
震災復興のための予算も
1年生議員40人がそれぞれに手渡された300万。
すべて私たちが収めた「税金」です。
使用目的と使った先を明確にする義務は、
与党民主党にあると思いますが、
どうなのでしょう。
[PR]
by ironyt | 2012-10-18 16:22 | 思った事

日本再生は可能

10月7日 鈴鹿サーキットで行われた日本GP。毎年何があっても、この回のレースだけは観ているけれど、
今年は何かと不調だった小林可夢韋が3位!

日本人ドライバーが表彰台に上がるのは・・・・8年ぶり
忘れもしない、佐藤琢磨のアメリカGP。
あの時の琢磨の走りもすごく印象に残っているけれど、
今回の可夢韋の走りも、忘れる事の出来ないレースになった。

厳しいとはいえ国内自動車メーカーが何社もあって、
車社会の日本だけれど、
本音を言えばみんな車嫌いなのかな・・と思うほど車を楽しんではいない。
どんなに世界で孤軍奮闘しようが、好成績をだそうが
F1(GTレースもだけどね)となると、マスコミは見向きもしない。
鈴鹿50周年という記念年という事もあるのだし、
せっかく日本人ドラバーが頑張るのだから、
もっと応援してもいいのになぁ~。とも思いながら明けて昨日

10月8日
ノーベル医学生理学賞受賞が、京都大iPS細胞研究所長の山中伸弥教授(50)
と決まり、昨夕はあちこちで発表と功績を讃える声が聞こえた。
人工多能性幹細胞(iPS細胞)の開発に向けた6年・・・。
傍で聞けば「へぇー すごい」ぐらいの感覚の人もいるかもしれないが、
科学者&医療研究は、常に前人未到の中を進んでいく。
そこには「失敗」「挫折」が山のようにあるし、
人と同じ事だけをしていたのでは、辿り着くことも発見することもできない。
本当に未知数のことだらけ。。。。なのに「予算」は山のように喰う事もある。
3年前、
民主党は事業仕分けで国立大をはじめとする研究分野の予算を
「無駄」という事で削った。
その愚行に対する緊急アピールがあった事を、昨日の受賞を聞きながら思い出す。
http://www.s.u-tokyo.ac.jp/ja/event/debate/2009.html
野田総理をはじめ、民主党議員
そして事業仕分けを推奨した人々は、
山中教授に祝いの言葉を述べる前に
「予算削ってごめんなさい」
だと思うんだけどなぁ・・・・。


それ以外でもテニスでは、錦織圭選手が楽天ジャパンオープンの優勝し、
国際試合で活躍した。
先月の話になるけれど、バレエの森下洋子さんの
高松宮殿下記念世界文化賞も、ものすごく大きい事。

それぞれ個人だし、ジャンルはみな違う。
けど、日本人の活躍を耳にする秋。
これだけ微笑ましい事ばかり・・・。
今月は2年半ぶりに土星が天秤座から蠍座に移動し、
星周りが大きく変わってきている今、
日本はまだまだ運勢から見放されてるのではなく、
再生ができる。
それが謳われるような気がするのです。
[PR]
by ironyt | 2012-10-09 23:48 | 思った事

中国に進出するということは・・・アウディ販売店で翻るジェノサイド横断幕を観て

「道はAudi」・・・
そんなCMを観たのってかなり昔の気がする。

今時は田舎でも外車を当たり前に見かけるようになった。
ベンツよりもアウディの方がなんとなく好きで、
企業イメージも悪くはない。

だから今回の中国国内でも暴動で、
販売店に勤める中国人たちが、
「日本人は皆殺し」「釣魚島(尖閣諸島の中国名)を取り戻せ」
と書いた横断幕を、笑顔で得意げに掲げる映像を見た時、
あ~ぁ。ついにやっったか。
どうせやるならトヨタでやればいいものを、
アウディも気の毒に…!
と思ってしまった。

アウディ側からでたコメントを見れば、
至極当然の対応で、あちらとしても相当驚き且つ困ったであろう。

もちろん本社とか
法人の支持ではないと思うけれど、
これ・・・テロリストによる犯罪ではないので、
政治宣伝ではないのです。

皆殺し=ジェノサイド宣言なので
理由とレベルが違います。

さて。アウディが謝罪だけでなく、
この趣味の悪い大弾幕を掲げた社員に
厳罰的な態度をどこまで取るのかで、
今後海外進出企業に勤める中国人の
言動が定まっていく気がします。

何しろ彼らは幼い頃から徹底した反日教育
を受けているのです。
そして今回のような言動は「愛国者」として
行っているのですから、悪い事をしているとは
思いもしません。
厳重注意レベルなら
手を変え品を変え、またやらかすでしょう。

日本をはじめ西側の多くの企業が、
中国を「市場」としてとらえ
都市部での販売や生産ラインを持つことで、
中国人の雇用と購買も高まってきてはいます。
その水面下には日本のODAがあることを
多くの日本人は自覚するべきでしょうし、
進出する企業はなおさらの事です。
韓国やかつての琉球のように、
中国を宗主国として、彼らからの貢物を賜ることを貴重視せず、
対等に渡り合おうとした日本。
そんな日本と中国の歴史を再認識する必要もあります。

以下、ニュースソースです。
[PR]
by ironyt | 2012-09-19 11:36 | 思った事

出番ですよ!瑞穂さん

人民解放軍将校10人 「第3段階」突入も辞さず
2012.9.14 21:24 [尖閣諸島問題]

【北京=川越一】中国人民解放軍の現役少将を含む将校10人が
中国紙上で意見表明し、沖縄県・尖閣諸島周辺海域への
海洋監視船派遣を日本政府による国有化に対する対抗措置の
「第2段階」と位置づけ、武力行使を意味する「第3段階」も辞さない姿勢を示した。

将校の意見を掲載したのは13日付の国際情報紙、環球時報。
尖閣諸島の軍事演習区化を提案するなど、
タカ派で知られる羅援少将は「武力解決の機は熟していない」としつつも、
「戦略的力量が十分に積み重ねられるのを待ち、最終的に島を奪う」と訴えた。

元軍事法院副院長の黄林異少将は「外交交渉で解決できないのなら、
小規模の軍事衝突も発生し得る」と予測した。
元南海艦隊政治委員の趙英富中将は「われわれは暴発を恐れない。
国家を強大にし、
頑強な国防を後ろ盾にすることが釣魚島問題の最終的解決の基礎となる」
と主張した。

中国軍縮協会理事の徐光裕少将は
「日本は軍事衝突が起これば米国が助けてくれると思っているが、
それは願いにすぎない」と一蹴。
「米国の日本を守る意欲は低い。
米国も中国と正面からぶつかる危険は冒せない」とした。


ここ最近、韓国よりも中国の動きが顕著なので、
ついつい気になってブログ更新…。
お陰様で更新するものの、かなり寒々しいブログとなっています。

あぁ・・・ついにここまで来たかというか、
これ観ても何も感じない日本人多いんだろうな・・・。
というのが私の本音。

さて・・・。
元気だった福島瑞穂さんをはじめ、。
反原発。
オスプレイ等々では
「平和」とか「子供たちの未来」とか「安全」とか
言っていた方々。、
大好きな憲法九条を引っ提げて、
この10人の将校の前で、武力反対を唱えてきたら?
かなり説得する価値のありそうな人だと思うけれど、
東京から沖縄の間を元気に行き来して、
文句を垂れられるのなら、
日本が危ない今こそ、中国に赴いて行って来てほしいものです。

が・・・そういえばあの人今何処で何しているんでしょうね。
そして小沢一郎氏は2009年12月
胡中国主席と会談し、
「私は人民解放軍の野戦軍司令官」
と言ったこともある。
この発言を受けた中国では
「日本は中国の軍事支配下に入ったことを容認した」
と受け止められていたという事を、
どれだけの日本人が知っているのだろう。
今こそ野戦軍司令官として、日本と中国の暴挙を止めてほしいものだが、
そんな事はもちろん望めないな・・・。
[PR]
by ironyt | 2012-09-17 20:14 | ニュース

反日暴動は誰の責任?

中国政府が日本人と日本の財産の保護を約束、反日デモ受け

http://www.asahi.com/international/reuters/RTR201209170023.html

[北京 17日 ロイター] 中国政府は17日、
中国各地で発生している大規模な反日デモを受け、
中国に滞在する日本人や日本の財産を保護することを約束するとともに、
デモ参加者に対し、「秩序だって理性的かつ適法な方法で」
意見表明をするよう求めた。

中国外務省の洪磊報道官は定例記者会見で、
軌道修正は日本次第で、
反日デモの進展は日本の手にかかっているとの認識を示した。



今回の中国国内で起きている反日デモに対して、
中国政府がやっと重い腰を上げた。
そういえば、三連休を楽しむ野田総理が
外務次官にこの件で邦人の安全確保を命じたのも
昨日の夕方www。
パナソニック
トヨタ
そしてイオングループと、
他にもここ近年中国に進出した主だった日本企業だけど、
それぞれ労組が強く、民主党の支持基盤?
特にイオンは岡田さんのバックボーン。
だからこそ中国へと進出もしたんだろうけど、
きっと燃やされて怒ったんだろうな・・・。

今回は相当なる被害を出したが、
その実、これらの企業で雇われている人のほとんどは中国人。
そしてデモを行う前に参加者を抑えなかったのは中国政府。
政府に抑えられなかったから、「やって良し」と判断し、
多くの人が暴徒と化したのだから、
この暴動で起きた損害は、デモ参加者である中国人と
放置を決め込んだ中国政府にある。

問題としている尖閣諸島は日本の領海内だし、
日本は別に彼らにたして何一つ危害を加えた訳ではありません。
反日暴動の責任は中国政府と民衆にあり、
日本は完全い被害者なんだけどね…。

>軌道修正は日本次第で、
反日デモの進展は日本の手にかかっているとの認識を示した<
全てこちらの責任であるかの言い方と、
現在中国にいる日本人は人質なのですから。。。

毅然とした態度・・。
民主党である限り無理っぽいけど、
人質宣言と気づく日本人が
どれほどいるのか・・
溜息です。
[PR]
by ironyt | 2012-09-17 18:57 | 思った事

激化する反日感情

2012年9月16日。
本日11:10分。
乙女座宮で月は完全に太陽と重なった。
ダークムーン。
今日を迎える数日前から、新月モードに入っている事もあり、
これまで目に着かなかったことが目に着いたり、
表面化することも起きてくる。
それに対して…乙女座にあるので、
物事の整理や言語伝達という意味もあるけれど、
同時にエキセントリックな一面も強調され
批判・排他といった事も起きやすい時期。

それが合致してると思うかどうかはそれぞれだけど、
今、中国との「尖閣諸島」を巡る国土問題が
ヒートアップしている。
北京でも15日。日本領事館を取り囲むように
最大2万人ほどの中国人が包囲し、デモを行ったと聞く。
大学生風?の若者や労働者風の参加者。
日中戦争時の八路軍の軍服を身にまとった中年男性もいたらしいが、
ほとんどが一般人。
単にプラカードもって歩くだけならともかく、
興奮した参加者の一部は「対日宣戦だ」などと叫び
(デモだからここまでは致し方なしですが・・・)、
大使館内にタマゴやペットボトルを投げつけたという事。

他の地域でも日本企業が襲撃され
そこに働く中国人に怪我人が出たり、
日本車に乗るに中国人が、暴徒化した同じ中国人に
襲われて大けがを負うという情報。
大使館を含め、経済活動で中国に住む邦人にも
非情な危険が迫っている。

野田総理も今日の夕方、
連休のためなのか、やっと重い腰を上げ
外務相の事務次官を鑑定に呼びつけて
邦人の安全のために万全を尽くすようには
支持したみたいだけど…・
何故、渡航禁止令を出さないのだろう。
そしてマスコミも少しづつ情報を拾う事は出来ても、
中国で今本当に何が起きているのかは
ほとんど報じない。

万が一野田総理が、丸く収めるために
「尖閣諸島」を中国領にしてしまえば、
それで収まるどころか、
「沖縄」を中国に組み込むことになるのは
容易に想像つく。
そうなれば沖縄は第二のチベット化し、
二次大戦以上の惨劇は免れないと思う。

中国政府は自国民の不満や衝動を
自分たちからそらすために、
徹底した反日教育を国内で展開してきた。
だから多くの中国人は日本の企業を壊しても
日本人に危害を加えても良心の呵責は感じないし、
今回起きている暴動に対して、
中国政府は「止めるよう」強く支持はできない。
そしてそれを承知で中国にODAその他で
支援をしてきたのが、今の日本政府であり、
3年前多くの日本人が票を投じた民主党だ。

噴出した反日暴動を中国政府が抑えるとするならば、
第二の天安門事件を起こす可能性は高い。
中国の軍隊は国民のための軍ではなく、
何処までも中国共産党のために存在する軍。
平気で同胞に戦車の砲身を向ける
ただ全開の天安門みたいに、
そんなことをしたら、西側にはかなり心象悪く映るから
気軽に流行らないだろうけれど…。

そうでなければこのまま暴徒化させたまま?
二者択一になると思ってはいたけれど、
本当にどうするんだろう。。。。

More
[PR]
by ironyt | 2012-09-16 20:39 | 思った事

「7人のサムライ」は「七人の侍」にあらず・・・。

9月11日に民主党・みんなの党・自民党から、合計7人の議員が、
これまでいた党から、橋下氏の率いる維新の会に鞍替え。

主義主張が合わなくなったので、
自分たちの描く理想と近い党へ…。
という考え方は間違っていない。
けれど、かつて与謝野さんが、
立ち上がれ日本から、
民主党へ鞍替えした時も思ったが、
それってその議員さんに投票した有権者はどう思っているのだろう。

たまたまなのか、
「維新の会」に鞍替えした議員の中に
ワタスの済む地域の都議会議員もいた。
確か…一票いてたハズ!
(自分が票入れた議員が、何言ってどうしたかは気になりますよね)
上記に書いたとおり、主義主張が変わったから、
合う所に行くのは構わない。

ただ・・。
こっちはその議員の主張と同時に、その議員の所属する政党も
加味して考えた末、一票入れているのだ。
移動・移籍を望んでいない投票者や支持者からしたら、
それは「単なる裏切り行為」
にしか見えないのではないだろうか…。
元々「維新の会」については、
危惧の念しか抱いていないのもあり、
移ったのがショックでもあるけれど。。。
コレがせめて「議員バッチ」を外して
あちらへ入党したのなら、少なく見ても「裏切り」とは
思わずに済んだ。

「俺たちは7人のサムライだ!」
と、それぞれがさんざん世話になった事務所に
砂かけて出て行った様を、多くの人はどう受け取っているのだろう。
>じゃあ四人死ぬんだ!
と言って嘲笑するような呟きが、ツィッターのTLにも上がっていたけれど、
「七人の侍」
ではなく
「7人のサムライ」

それは
「柔道」

「スポーツ・ジュウドウ」
と同じで、似て異なるものなんだろうな・・・と思いました。
「七人の侍」は
横暴な野武士の略奪により、困窮した農民に雇われる形で集った
七人の侍が、命がけで野武士の一団と戦う話。
農民にやとわれて、彼らのために命がけで戦って
仲間のうちの四人が落命するのは、
あまりにも有名なので、だいたいの方がご存じだと思います。
つまり雇主は農民で、勝利するのも農民。

はたして今回それぞれの党から離反した議員たちが、
何に困った誰に頼まれて、維新の会に行ったのかは知りませんが、
全然話違いますから、なぞらえるほどではないでしょう。
それに・・・
つい先日「サムライは侍じlたない・・・」と
能書き垂れたばかりですが、
「侍」になぞらえたければ、
浅薄な殿でも忠義を尽くすのが礼。
バッチも外さず、この離反は何処までも無礼です。
バッチを外す=現職をやめるの言動で
「脱藩」レベルな話だと思うので
バッチを外さず権利を有したままというのは、
覚悟の証にならない気がします。
まぁだけに
「7人のサムライ」と、
タイトルを似て異なるものにしたのかもしれませんが。。。。

もちろん東京に拠点のもちたい橋下氏にとっては
好都合なのでしょうけれど…。
果たして橋下氏は、彼らを大切にするのだろうか…。
そこが気になります。

More
[PR]
by ironyt | 2012-09-15 11:10

ザックリと維新八策を読みました…・。 ごった煮八策に変えた方がいいよ。


http://www.nikkei.com/article/DGXNASHC3103B_R30C12A8000000/
日本経済新聞 9月13日の記事です。

とにかく長いのでザックリ目を通しただけですが…。

グレートリセット・・・・。
これまでの社会システムをリセット、再構築・・・


さてはて。

保険
年金
障害者福祉
児童福祉
老人福祉
生活保護等々
今の制度が限界を超え、国も地方も
維持できなくなっているのは確か。
再構築の必要性は認める。
ただ「リセット」の際発生する
リスクについては、どう補う気なんだろう。
社保・国保含めた保険システムを変更する場合、
使えなくなる期間が生じれば、即命の危険という方もいるし、
保険や年金という今のシステムの
完全リセットを、果たしてどれだけの人が望んでいるのだろう。


多様な価値観
多様な立場を認めれば認めるほど、
双方の話を聞いて、できるだけほどほどの所に抑える・・・。
という手法が必要になります。
かつて自民党は沖縄問題に13年という膨大な時間とお金をかけました。
それが正しいかどうかは、立場によっても異なるので論じませんが、
3年前もめにもめたダム建設中止にしても、
集落丸ごと移動にこぎつけるには、それなりの年月が必要だったわけ。
沖縄問題もそう。沖縄の住民と米軍。
その両者の間にたって
何度も何度も繰り返してここまで。という結論を出す。
それは時間も手間もかかる作業です。
お互いの事考えなければ、そこまでしませんよ。
それを・・・たった1年で壊した鳩山内閣。
なし崩しにするのはいとも簡単
組織にしても制度にしても壊すのは簡単なんです。

ただ壊したときに発生する様々なマイナス。
既得権益でウハウハだった人だけが
マイナスを被るならいざ知らず、
多くの人の生活さえ変えてしまう事もあります。
職を失う方も出る可能性がある時、
そのリスクを冒す場合は、リスク回避のかなり明確なプランも
出さないといけないのでは?
と思うのは、素人の浅はかさ?

続きはこちら。
[PR]
by ironyt | 2012-09-13 16:58 | 思った事

サムライは=侍じゃないんだよね・・・・

厳しいを通り越して、痛い日差しの一夏。
まだ暑さが残っているものの、
朝夕は秋の気配を感じています。
16日が新月だから、それを超えると一段と変わるのかしら…。
秋を感じる遠出がしたくなってきて困っています(笑)

さて。
この夏はオリンピックに沸いた一夏でもありました。
日本選手のみなさん、
どの競技の方々も、頑張ったし
メダルのある内に関わらず、
日本中が励まされて、本当にありがとう!

なので「選手」はいいのです。
強いて言えば、銀座のパレードの際、
堂々と日の丸を振って欲しかったな・・。
位のもので、ハイ。特にありません。

まぁオリンピックに限らず、
サッカーその他、あちこちで
「サムライ・日本」という言葉を耳にします。

聞く都度ゲンナリ・・・。
それで感動する人もいるのは自由ですが、
もてはやす単語のサムライは「侍」ではないと
いう事に、どれだけの人が気づいているのかなと…。
つい最近、身近で話題になったので
書き留めておきます。

柔道の試合に勝った際のガッツポーズの是非。
これが問われたことがありますが、
サムライではなく「侍」が感覚で分かっていれば
是非を問う以前の問題で、
ガッツポーズ・・・ありえないという話になります。

今の時代、何処までも理想な話ですが
礼に始まり礼に終わる。
これが最低限の基本になるので、
勝手も負けても、まず相手への礼。
自分を支えてくれるすべての人への礼。
そして最後に自分の勝利を喜ぶのが、
柔道・剣道・合気道に始まり、
百人一首に茶道・華道等、「道」のつくものの本来の姿。
そしてそこには昔から流れる
侍=武士道が生きています。



全ての礼を済ませた後、
控室に入ってそこで
「やった~」と
喜んでガッツポーズなら、全く問題ありませんが、
試合で勝った瞬間、喜んでガッツポーズをとるのは
相手への礼の前に、自分の勝利を喜ぶことになるので
本来「恥ずかしい」とされてしまうのが、
昔ながらの日本文化というか、伝統精神です。
そこが
「スポーツ」とは
確実に違う点だと言えるでしょう。

畳の歩き方から、所作。
かなり堅苦しくて地味ともいえる世界。
今時そんなんの全く流行らない話ですが、
それが武家であり、日本の美の世界。
そのあたりを本当に確かめてければ、
浄瑠璃の仮名手本忠臣蔵や
義経千本桜
日吉丸稚桜・駒木山城中の段
等みれば、
滑稽で悲しいほど堅苦しき武士というのもが
描かれているので、おススメしたい所です。

日本柔道は世界に出るため、
柔道の形は残しましたが、道を捨てた。
ここ近年の試合展開(まるで和レスリング)と、
喜んでガッツポーズをする選手を観ていると、
そう感じます。
さらに「ガッツポーズくらいいいじゃないか」
と容認する人たち。
彼らを観ていると、
そこには「道」という概念がなく、
スポーツジュウドウでいいような気がします。
そしてそこに合うのは「侍ジャパン」ではなく
「サムライ・ジャパン」

そこまで堅苦しく考える必要がないのかも
知れないけれど、
「武家・武士」というものを
モチーフとして使って応援しておきながら、
その本質と逆な事をするのは?
そんな疑問も感じます。

武士や武士道というものをもてはやすのと、
戦国や明治維新に惹かれると得意げに言い、
龍馬だ「船中八策」だと唱えつつ、
大阪の伝統であり、武士の世界を彩る文楽を軽視する姿と、
言葉の意味も考えずに、
「侍魂」等と称してスポーツ観戦する人。
どこか被る今日この頃・・・。
[PR]
by ironyt | 2012-09-10 10:36 | 思った事


空の森の番人。きこりのロノのブログです。ペットと日常・・・。時事ネタからおたくネタもあり


by ironyt

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ブログパーツ

カテゴリ

全体
ニュース
思った事
ペット
歩いた風景&お茶
アニメ・漫画・特撮
星の話
タロット

タグ

(357)
(219)
(203)
(168)
(159)
(121)
(68)
(66)
(39)
(39)
(33)
(32)
(28)
(27)
(24)
(21)
(17)
(12)
(12)
(11)

外部リンク

お気に入りブログ

さしより
湘南のJOHN LENN...
Less Than Zero♪
埼玉の中心から毎日を語る
特撮好きなパン丼のブログ
Go for it! ~...
TSURE-DSURE-...
ペキニーズ モモの鼻 
トイプードル りんちゃん...
BMI適正化計画
こすずめ日記
ある日のこと - New...
WHISPERINGS
ある日のこと - Day...
Happy Day
京都ときどき沖縄ところに...
To tomorrow ...
朝寝・夜更かし・つまみ食い
坂の上のサインボード
とうふ屋に生まれて。。。
Spice of Life
ラブラドールレトリーバー...

外部リンク

最新のトラックバック

2011年3月11日金曜..
from 湘南のJOHN LENNON..
亀岡事故「知人に車借りた」
from 時々時事爺
やんごとなき方々まで踏み..
from 日吉圭の時事寸評
12/3 〜12/4 の..
from 適当日記 Ver2.1
東京都青少年条例案 性交..
from 匿名希望の時事ブログ
ここは酷い功績七割錯誤三..
from 障害報告@webry
国母和宏選手の騒動に思う。
from 坂の上のサインボード
幼稚な親たち。
from 坂の上のサインボード
安定多数
from きんたの日記
同感です。
from ちょっと宇宙から見てみよう
国旗掲揚、国歌斉唱
from Gポケット
運動 場
from 健康第一
わかるような気持ちがします。
from ちょっと宇宙から見てみよう
飲酒運転への意識を今一度..
from 坂の上のサインボード
旧社会党(現社民党)を弾..
from 湘南のJOHN LENNON..
幼児に蒟蒻ゼリーを食わす..
from Gポケット
育児ノイローゼ
from 育児ノイローゼ
凄いよ!ヴェッテル
from 湘南のJOHN LENNON..
ばかばかしか。聞いてあき..
from さしより
子供を伸ばす子育て,教育..
from 子供を伸ばす子育て,教育の名言

以前の記事

2013年 08月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
時事・ニュース

画像一覧