タグ:ブログ ( 203 ) タグの人気記事

消費税増税 民主党と自民党の大きな違い

今のこの時期はデフレ脱却に力を注ぐべきだと思うので、
消費税に限らず個人的には「増税」は基本的に反対です。

元々消費税増税については、
自民党政権時代に与謝野さんが、
経産・財務大臣だった頃
「日本の財政再建には消費税増税しか選択の余地無し」
と言っていた事に起因。

だからある意味自民党には、この問題をどうにかする責任があるし、
そもそも税収は財務省に入り
使い道として挙げられている「福祉」等は、
別の省の問題なので、入り口と出口がイコールにはならないんだよね…。
と思っていました。

元々消費税増税は自民党にあり。
という事で、
「自民も言っていることをするだけ」
つまり、民主党も自民党も同じ事言っているんだよ!
民主は、恥ずかしげもなく言っているし、
巷を観ても
「同じじゃん」と怒る人もいます。が、
民主党の消費税増税
自民党の消費税増税
どちらも考え方の根本が違うので、一緒にはなりません。


では何が違うの?
それはお金(税金)の使い方です。

民主党は
「国が援助して助ける」ために国民の税を集めて使います。
お金がない人への現金による生活保障
簡単に言えば「ばらまき」。
数限りある中から一度お金をかき集めて、
その中のお金をばらまくから、
その範囲でみんな同じ範囲で暮らすのが
「小幸せな暮らし」
であり、これは共産主義の理論に即しているものです。


自民党は
「自活能力を身につけるためのシステム作り」
のために税を集めて使います。
これは自立というものが前提になるので、
助成してもらえる事に範囲や限度がありますが、
自分のやりたいことや、将来のビジョンを描いた生き方の
できる自由民主主義の理念に即したものです。


毎月の上限は限られているけど、
働かないで一定のごはんが食べられる生活。

未知数で不安定な部分もなるけれど、能力や
社会性を身に着ける事によって
自力で食べる生活。

どちらもその人の状況とか、
事情や好みもあるので
この件の是非はここで
問えないものでもあります。
ただ違いも確かめずに
「どっちも同じ」と括って
既存政党はダメと決めつける事は
間違ってると思います。

前者(民主党型)の税の使い道だと、
働かなくても食べられる。となるのですから、
納税する側の勤労意欲は間違いなく下がり、
産業も低下します。
納税は働き続ける事で可能になるのですが、
働く気がなくなり手取りが減る。まして下手に働くより、
手当で暮らす方が楽。これを洗濯する人が増え続ければ、
納税者も減るんですよね。
みんな尻すぼみです。

後者(自民党型)はかなり大変な一面もありますが、
ガンバって働いて収入アップしたら、
それは誰でも嬉しいし、自信にもつながるし、
豊かになる分、蓄える事も出来れば消費もします。
消費をすれば、そのお金はモノを売った側の利益となり
さらにそのお金を回すこともできるわけだから、
経済が循環し始め、景気は上向きにもつながるのです。

そして自民党は是が非でも
今すぐ増税をといった訳ではありません。
待ったなしの増税をしようとする民主党に
「景気対策が先」と釘を刺したのです。

かつて麻生総理が
 「日本経済は全治3年。その後税率を上げさせてもらう」
と言っていました。
増税はする。
だけどそれで景気が落ち込んだら、元も子もないので
まずは先に景気を良くし経済を強くしてから、
ある程度余裕が出来た時点で
増税するという懐かしい言葉です。
民主政権になり、しかも3.11というあまりにも大きな震災。
それ以外の地域でも風水害で、日本は今瀕死の状態です。

http://www.jimin.jp/policy/manifest/index.html

↑は、自民党のhpに行けば見れるものですが、
自民党参議院選挙公約にもこの内容は入っております。

http://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/cabinet/2009/decision0623-2.html
↑ これは経済財政諮問会議の内容。
ココを呼んでも国民生活の基盤となる「景気回復」について書かれています。

これを読めば少なく見ても
既成政党の民主と自民が同じ意見で合意したわけではない
のがわかるのですが、

対する現与党民主党は、
「税と社会福祉の一体化」と、いかにも
社会のため~なイメージを訴えてますが、
社会福祉はどこまでも「厚生労働省」の管轄であり、
財務省は関係ありません。
「交付国債」というものをご存じな方も多いと思いますが、
これは年金積立金を切り崩して歳出に使おうという手法です。
今年は一般会計支出が下がったと言われ、
昨年より下がった部分、野田総理の評価は上がっている(?)
ようですが・・・・これ、「交付国債」使っているんですね。
実は年金を切り崩しているだけで、
切り崩された年金(国民年金や厚生年金です)の部分は、
当然穴あき。
切り崩した積立金の補填に「消費税」を充てようとしている
から「税と社会保障の一体化」と称して、半ばゴリ押しに
進めてきているのす。

与謝野さんが税務大臣だった頃、
当時野党だった民主党は顔色上げて「増税反対」
与党になったあかつきは
「消費税増税しない」と公約。
政権に就いている間(任期中)は消費税の議論すらしない
事を約束したはずです。

ところが・・・
いざ政権の座に就くと、政治に金がかかることを実感。
特に急激な需要があるのに、財政難で破たん寸前な
年金・医療問題等には、早急な応急措置が求められています。
(これの悪化の一因は、福田内閣の時、後期高齢者医療制度を
反対した事もあると思うのですが…これは後程)
元々、デフレ対策などが講じれる人材のない民主党。
菅内閣・野田内閣は増税をやらざるを得なくなり、
「社会保障と税一体改革関連法案」
などという、いかにも国民生活を改善するような
キャッチコピーをつけて、
みんなが積み立てた年金切り崩した補てんのために
増税路線に舵切りし、今日までやって来てるのです。

民主党と自民党
これでも「同じだ!」
と言えるのでしょうか?
かつて「ミスター年金」をもてはやし、
職員の使い込みや年金未払いを追いかけたマスコミは
この違いを報じません。
よほど自民に返り咲いてほしくはないのでしょう。

つたないブログで自分が理解できる範囲でしか
描けないので、もどかしさもありますが、
気が付かなかった方は違いを確認してください。
[PR]
by ironyt | 2012-09-05 11:30 | 思った事

安倍さんの出馬に思う事

過去の失敗が大きいのに、あえて自民党総裁選に出て来た
安倍元総理。
よほど考えなしか、覚悟があるのかどっちなのだろう。
「見責任」の声もあるけれど、
その実、彼が総理だった時、どんなことをしたのが気になって、
ザックリだけど思い返してみる事にする。

1 教育基本法改正
2 公務員改革
3 防衛庁を防衛省に格上げ
4 国民投票法案成立

等々が主だったところ。


かつて蘆武錻大統領が、日本海という表記を
「平和の海」へ変更してと言い出した件を、突っぱねたのも
安倍ちゃんだったと思うけど、
中国・在日系の動きにはかなり警戒心が高かったと言える。
拉致問題にも果敢に取り組もうとしたから、
朝総連本部査察や、パチンコ屋に税務署いれようとして
彼らに逆切れされたんだっけ。
人権擁護法案も凍結。(後で民主がとおしてるけど!)
そういえば中国への警戒も強くて、
EUに対して武器輸出禁止解除を病めるようにも働きかけていたっけ。
凶悪犯罪を取り締まるために、共謀罪成立させようとしたけど、
「居酒屋で一杯やりながら政治批判すると逮捕される」
ニュースバラエティーやネットでいろんな人を使って、
そんな不安な話を、周囲にばらまいたのはマスコミ。
その効果で「共謀罪」はとおらなかったと記憶。
だけに防衛省格上げは、やはり功績だと思う。


脱ゆとりという事で、教科書のボリュームを増やしたけど、
時間数はゆとりのまま・・・。これは今、小中学校をてんやわんやさせている
ので、もうちと何とかしてほしい問題。
でも、教諭免許更新制は賛成だった。
現場に立たない教諭が休職のまま、ずっと給料をもらうっておかしいし、
逮捕されるようなことがあっても、資格だからとまた復職できることが変。
更新制にすれば、先生にも緊張感が生まれていいと思ったのに、
これは民主党政権下で潰されてしまった制度。

公務員改革にかんしては、あの当時今以上のタブー。
官僚と公務員ばかりか、カビの生えた古参議員も敵に回したよネ。
民間に関しては、
経団連の顔色を気にせず、WCエグゼンプションの対象者の年収を
1000万ラインにして、企業側には非正社員に社会保険と厚生年金を
つけるようにさせたし、そういえば、この人、社会保険庁解体にも言及した。
だから、経団連からも労働組合からも「敵視」されたんだよね。

安倍さんも安倍さんだけど、マスコミもマスコミで、
あらゆるところから「安部潰し」が始まり、マスコミはそれを援護。
こっちもその尻馬に乗った感もあるので、
少しづつだけど、彼のしたことを掘り起こしてみた。
1年ほどの総理就任期間に90近くも法案通したし、
海外との対話も精力的に行っていたから
今の民主党議員よりは、はるかに動いていたと思う。

少なく見ても民主党議員に、安倍さんを「無責任」という資格はない。
[PR]
by ironyt | 2012-09-03 16:58 | 思った事

大津市皇子中の事件を観て 思う事

子どもの誕生した日から、
生育の過程で、身体的成長・心の成長に
一喜一憂し、時には不安も覚えて
やっとのことで小学校を卒業して迎えた中学時代。
13歳。
そこまで育てるに、親はどんな思いをしながら
日々を過ごすのだろう。

細かな違いはあっても
被害者側の親。
加害者側の親。
そのどちらも、楽をして子育てしてきたとは思えない。
そして、
何処の親も、自分の子供がいじめを苦にして
自殺を選ぶなど起きてほしくはないし、
人に危害や執拗な嫌がらせをするような人間、
犯罪を起こす人間に
は育ってほしいとは思っていないだろう。
そしてこれは多分、何処の親もたいして変わらないと思いたい。


それでも起きてしまった
皇子中という学校に通っていた男子生徒の自殺。
琵琶湖の近くにある地域とは、
まったく縁もゆかりもないけれど、
同年代の子供がいる親として、
暗たんたる思いで動向を見ていた。

しかし、ここ数日。
時間を追うごとに次々に上がってくる
いじめの全容と、
市の教育委員会と学校側の対応。
被害者の保護者が警察に出した被害届も受理されない
経緯があまりにもひど過ぎて
紺なのが日本の義務教育で起こること自体、
腹が立ってきた。

少なくとも
どこかで大人が、少年を守れば、
こんな事には至らずに済んだ範囲の事なのに。

「加害者側にも人権がある」
と言った教育委員会(以降、市教委)。
にはかなり嫌な気分になるが、
ということは加害者ありき。
且つ、加害者そのものを認めた上で、
そちらを擁護する立場で発言したと捉えていいと思う。

そんな加害者側を擁護するようにしか見えない
市教委と加害者側の保護者。
加害者の親が23年度のPTA会長だったなら、
顔なじみなのは容易に想像がつく。
地域や学校によってPTAも様々だが、
あまりにも熱心過ぎる(全員参加しないと村八になる)とか
特定宗教や思想を「正義」として、その理念で
こうどうするような方が役員になる場合、
気軽にむりのないPTA にはなりづらい雰囲気が出る。
件の中学の保護者の関係も、もしかしたら
PTAを巡っていろいろあったのかもしれない。
さらに加害者家庭は地元警察とも縁のある家という事で、、
地元行政絡みの独特な人間関係みたいなものもあって、
被害者側の家庭は、そことは縁が薄かったのか
無意識に押しつぶされていたと推察。


表に出ている情報に間違いがないのなら
これはもう自殺ではなく、
加害者の学生たちの「殺人」であり
自分たちだけに通じる常識
で対応した学校・市教委・
そして被害届を受理しなかった警察の
被害者見殺し殺人と観る方がいいと思えてきた。
件の中学で緊急保護者会も開かれたようだが、
加害者側の保護者に反省の色はない様子が
twitterには上がって来ている。
特に担任教師の意識の低さには、
呆れてものが言えない。
今の世の中、ただでさえ
多くの親は子育てに「不安」を感じている。
大人の無責任な気風で、
子供が犠牲になることを続ければ、
若い女性が出産に消極的になっても
無理はない。

市長も動くと言い切っているが、
形だけの有識者集めて無駄な会議とならないように。
被害者家庭のケア。
義務教育の在り方を根本から
見直すくらいの姿勢でいてもらいたい。
いじめ自殺ではなく、
寄ってたかって追い詰めて死を選択させた
殺人としてこれは正してほしい。
[PR]
by ironyt | 2012-07-07 15:06 | ニュース

お笑い芸人の母 生活保護費受給騒動を観て思う事 2

数日前、この件をなんとなく書いたら、
渦中の河本氏が、会見を開くというのを聞き、
昨日、仕事の傍ら観てみた。

そしてそれから一日経って・・・
小宮山厚生労働大臣の発言。
単純に言えば、
「親族の扶養を強化&生活保護費を減額する」
という、一見もっともらしいけれど、
お粗末な発想に呆れた。
単に「三等新内の扶養強化」に乗り出すのは、
虐待親に殺されかけて逃げた人や、
親族関係がギクシャクしている家にとって、
惨劇を加速するだけになるので安易には賛成できない。

しかも、保護を求める親側は、そこを問われることなく、
子供の居場所の特定かでき、
捨てられた・虐待をされた側は、
自分の経緯を立証する必要も生じるので、
どうしても不公平感が残る。


そもそも彼が会見せざるを得なくなった根本は、
その申請が、生活保護を受けるにふさわしかったかどうか
という受給資格。
単に金額の問題だけではないんだけど・・・。
(親族含め合算1億近いので、「単に」とも言い難いけどね)


会見の中で彼は職業上収入が不安定」と言っていたけれど、
お笑い芸人だけでなく、役者・漫画家・アニメーター・
一部学者・スポーツ選手等々、
先の約束などなく、収入不安定な「職」の人は
この世にごまんといるの!

そしてそれは誰かにそれをやるように、
強制されたのではなく、
やりたいからその職を選んでいるのがほとんどじゃないかな。
ワタスも不安定職(完全出来高)故に、
大変さはわかる。
それだけに仕事が回るのは=多くの人の支えがあるから
であって、そこには感謝があるはず。
そして感謝の念があれば、
多くのファンの大多数。あるいはファンの家族が、
納税者しつつ、自分のためにお金を出してくれている
のもわかるだろうから、
生活保護を受けるにしても、
もっと違うスタンスでいたように思えた。
(決して受給者に恩を売るつもりもなければ、
受給者だからって必要以上に生活を窮屈にする必要もない)

あの会見を観て
泣いて「考えが甘かった」と言う彼に
同情も集まったけれど、
よくよく見ていれば、
弁護士から「余計な事を言わないように」
のレクチャーを受けた答弁。
そしてこの手の場につきもののような殺気立った
雰囲気の記者もいそうになく、
静かな質疑応答劇。
あまりにもよくできたステージ会見でしかなく、
疑惑や疑問の解消につながらないから、
逆に彼の事を根掘り葉掘りする人まで出てしまった気がした。

確かにプライバシーの問題でもあるけれど、
母親のみならず、その姉妹が同じ敷地で別所帯として
やはり生活保護申請をしているのが事実なら、
きちんとした説明をしないと、
よくよく知っている人は納得しないだろう。
何しろ生活困窮者支援が目的の制度なのだから、
単に年間の受給額だけでなく、
医療費免除・住民税免除
nhk受信料免除・ライフラインの経費免除等々
自治体によってのオプションもある訳で、
それはすべて税金で補てんされている。

金額に換算したら、
一人頭300万以上の収入と変わらない話になるのである。
これをどうやら、母とその姉妹とでそれなりの年月にわたり
受けていたのが事実なら、億単位まで膨れても無理はない。
もちろん、事実その経緯がないのなら、
それをハッキリ言えば済む話なのだから、
「ごめんなさい」の前に、キチンとした説明を
した方がよかったのでは?

記憶が間違っていなければ、
デビュー前後で、100万近く稼いだと
会見で言っていた気がするけれど、
中にはギャラが月1万円にも満たないで、
張り付き仕事の芸人・芸能人などザラにいる。
出たでで年間100万近くなら、
吉本は相当彼を見込んでいたわけで、
ここ近年、彼がものすごく売れただけの下地
とも思える金額だ。
もちろん、それでは親を観れないのは事実。
だから、子どもに迷惑かけたくない親が、
生活保護申請をするのは間違っていないし、
自治体が受理したならそれはOK 。


ただ・・・年収がかなり上がり、
しかも自分を苦労して育ててくれた
お母さんの事を本として出して、
それなりの印税も発生した現実を前にして、
お母さんの生活保護をそのままにしていたのも
疑問視される部分だろう。

彼が虐待親に酷い目に遭い、いつ殺されるかわからない、
結婚相手や子供に危害が及ぶので断絶が何年も続いていた。
というなら、放置してもいいと思う。
>苦労して自分を大切に育ててくれたお母さん<
感謝の念が強くあるのなら、
生活が安定したら面倒を観たくなるのが普通ではなかろうか?
年収500ほどで子供が二人ほどいて、
共稼ぎで親を観ている人。仕送りをしている人など、
今時いくらでもいるだろうに。
彼にも家庭があるのはわかるが、少なくとも
数千万する外車を数台もつ経済力で、
自分の家庭しか養えなかったも通らない。

ここ近年、不正受給の件を問題視する傾向にはあった。
名も知れない一般人よりも、よくも悪くも目につく芸能人だけに、
矢面に立たされた感もあるが、
本当に気の毒なのは、真面目に働いて納税している人と、
困窮でどうにもならないけれど、
申請を断られたり、打ち切られて亡くなる人たち。
つつく側も擁護側も
「生活保護」という社会的救済をどうしたら、もっと
いい形で機能させられるか、、関心を持ってほしい。

関連記事
[PR]
by ironyt | 2012-05-26 20:32

お笑い芸人の母の生活保護費受給騒動を観て思う事

・・・事の発端は4月上旬、
女性セブンでお母さんの生活保護受給が報じられた
吉本のお笑い芸人河本準一さん。
その後、日刊サイゾーで、本人が生活保護費を受給しているとか報じられた。

その実の年収は定かではないけれど、先にも書いたとおり、
あちこち出て売れている人物が、最低年収200万以下はないと思う。
そして彼が実母による扶養、育成を全く受けていないなら、
断る理由もわかるけれど、
大赤字を抱えた市役所(ドンは今注目の橋下知事)から、
お母さんの扶養サポートを求められても
「「そんなん絶対聞いたらアカン!タダでもらえるんなら、もろうとけばいいんや!」」
と言い放ったという話が本当なら、これ、エライ事です。

彼が所属しているのは、かの有名な吉本興業。
面倒見がいい事務所なのか、
この騒動に関して吉本興業は、彼を援護すべく
「生活保護の不正受給ではない、プライバシーの侵害」
だと反論した模様。
面倒見がいいのは微笑ましいんだけど、
所属先=会社のコメントとしては何か違わない?

生活保護受給に限らず、
助成金などの申請は、前年度の年収で観ます。
本当に彼に昨年度年収がなく、
今現在、三度のごはんを食べるのにも
事を欠くのであれば、本人が申告しても構いません。
ましてそんな状況では、気持ちがあっても
お母さんの事まで経済が回せないので、
お母さんが地元で生活保護を受けるのもいいでしょう。

因みに都内の30代夫婦が生活保護を受けた場合の一例。
>就学年齢の子2人の世帯で試算した場合、
扶養家族分の保護費に授業料や通学費などの教育関連扶助を加えると
少なくとも月額29万4260円。
年収にすれば350万円である。
また、医療扶助により医療費が無料となるほか、
住民税や水道基本料金、NHK受信料の免除、
自治体運営の交通機関の無料乗車券など、
事実上の“追加給付”もある。

大阪市がどんな基準化知りませんが、
あくせく働く350万家庭よりもいいのでは?
という気がしています。
でそれにしてもも・・。
誰もがあちこちでしょっちゅう顔を観る芸人である河本が、
実は事務所からほとんどもらっていない。
年収350万以下としたら、
事務所はいったい、いくらピンハネしているの?
という疑問が出てきます。

障害者雇用をすることで、国からの助成金を
受けようとする企業よろしく、
稼いだギャラをお笑い芸人本人に渡すかわりに、
生活保護を受け取らせるような
企業が吉本興業な「のでしょうか?

なんでも実のお姉さんまでが、
この件を重く見ている片山さつき議員に
クレームを入れているようだけれど、
本当に不正をしていないのなら、
彼も一般人ではなく、名の売れた芸能人なのですから、
いっそお母さんの受給期間と彼の年収を公表した方が、
スッキリするんじゃないかな。
後ろめたくなければできるでしょうに。

一般的には、受給までのハードルは高いと聞くのに、
ここ近年、生活保護の受給や母子家庭の
不正受給も問題視されているので、
せっかくある救済措置を、正常に機能させて
本当に困っている人の自立支援になるようにしてほしい。
そうでないと、真面目に納税している勤労者の
納税意欲を著しく下げる事になるし、
真面目に受給している人まで嫌な思いするだろう。

生活保護関連記事
過去最高の受給者記録した生活保護 その「恩恵」と「制限」
http://news.livedoor.com/article/detail/6585193/

下記も関連記事です。
[PR]
by ironyt | 2012-05-23 18:36 | ニュース

久々にお月様の事

仕事の忙しさについついブログの更新が遅れる・・・
あっという間に5月も後半!

先日の金環日食には、日本中が大いに沸いて
星や月に関心を持つ人が増えてくれると嬉しい反面、
運転中に日食が気になって事故ったりとか、
夕方の渋谷駅では通り魔による刃物事件と、
物騒なことまで。

新月・満月の時は
どういう訳か人も興奮しやすく、
問題がより起きやすい傾向にあるという内容は、
以前にも書いたので重複しますが、
もう一度月の周期をザックリ書いておきます。


最初は見えなかった月が、 段々に太り痩せていくという、
一つのサイクル
新月 から 満月 そして次の新月までの期間が、約30日。

もちろん、私はドクターではないので、具体的な症状に関しては、
直接病院へご相談が大前提になりますが、
何かを始めるにしても、
食事療法やダイエット等、体調管理を行うのにも、
この周期を取り入れると、、非常に効果的です。


新月  
「新しい事のスタート」
何事も初めが肝心!という事で、スタートをするのにも「時」が大切。
夜空のどこを観ても月が全く見えない時は、
目的を具体化するためのアクションを起こすにはうってつけ!


上弦の月  
徐々に姿を見せてくる月が、半月となるのが上弦の月。
満月を迎えるまでの間は「吸収」してゆく時期なので、
物事であれば意欲的に動く時。
また栄養摂取が活発に行われる時期。
特に高血圧やダイエットなので、、
食事のコントロールが必要な方は、
できるだけ高カロリーなものを控えた方がいい時期。
お肉が食べたいのであれば、蒸したり茹でたり。
また野菜を食べる際も、ドレッシングなどは控えるのがgood!
甘いモノが欲しい!
そんな時は、リコリスティーがおススメです。
塩分過多なども満月の頃、
むくみとして出やすいのでご注意を!


満月  6月4日 
「成熟」や「成就」。
努力が目に見える結果となる時期。
もちろん、思い通りではない「結果」や、
いいことにはならない事も多々あります。
その場合は、軌道修正や時には、
諦めるという選択肢も入ります。
また満月前後3日間は、 
パワーが散漫になりやすいのか、
暴飲暴食にも要注意!
世間的にも大きな事件事故が起きやすい傾向があります。


そして・・・満月を機に下弦・新月に向けては、
エネルギーも下降する(絞り込む)時期なので、
パワフルな活動期ではありません。
ダイエットや体調管理をなさっている方は、ここからが本番!


下弦の月  
下弦から新月までは、不思議なくらい一段とエネルギーが
衰え安く、体調を崩しやすくなりがち。
栄養吸収も落ちるので、
むしろこの時期にカロリーの高めのものを摂取するといいと思います。

仕事などのスケジュールには時間的余裕を持つこと。
静かに考える事・調べもの・整理には向いている時期です。
不毛な対人関係や恋愛にピリオドを打つのもOK。
禁煙とか禁酒。生活習慣を改めるには向いているので、
ここで計画を立て、新月からスタートしましょう。
[PR]
by ironyt | 2012-05-23 17:46 | 星の話

桜の時期に…・青野さん逝く

ここ最近、漫画・特撮・アニメそして俳優(声優)さんの訃報が続いている。
寂しい限り。
大好きだった滝口順平さんに続き、アニメーターの荒木さんや芦田さんの訃報に、
ガックリ来ている時に青野さんの訃報。

桜満開の中、また一人 時代を築いた方が、降りる事のない階段を上ってしまいました。

私宇宙戦艦ヤマトの真田さんであり、
バルディオスのガットラー総帥。
レッドドワーフ号の顔だけだったホリー
そしてウルトラマンのザラブ星人と・・・
近い所で「夏目友人帳」の露神様・・・・
他にも数えきれないほどあるけれど、好きな作品を上げればこんなところ…。

芝居の方もそれはもう、何も言えないうまさがそこにある役者さんでした。
また一つ歴史が消えた思いです。
[PR]
by ironyt | 2012-04-11 16:55 | アニメ・漫画・特撮

ウルトラマンサーガ 観てきました。

観てきました「ウルトラマンサーガ」
[超決戦!べリアル銀河帝国]
がメチャよかったので、今回もかなり楽しみに行きました。

ヴァンガードのCMでお馴染みのDAIGO=zeroが主役・・・。
という事をどこかで耳にしたのですが・・・。
もちろんDAIGO(役名タイガ)大熱演ではありましたが、
実際観てみると、話のウエイトはアスカの方が重い


ウルトラマンダイナ。実はかなり濃いストーリーで、
グランスフィアとの戦闘中に時空のねじれに飲み込まれてしまって
光の中で父親と再会を果たし、そのまま光の中へと消えていった・・・。
がラストシーン。
見せ場こてんこてんで、かなりグッと来たのですが…・。
なまじこんな設定のおかげで、
それ以降のウルトラシリーズには、「宇宙放浪ウルトラマン」という
かなり重宝な存在として、ちょこちょこお助け役に出て来たダイナ。

ちょこちょこであって、ストーリー全体に関わるのって少ない感じがありました。
が!
今回はなんと!「アスカ記念日」(笑った笑った)に始まって、最後までアスカ!
ダイゴはゼロとの合体をかなり拒んで、ゼロがミニサイズで戦わなければならないとか、
見せ場はそれなりにありましたが、
立ち寄り先の別の地球で人助け→敵との戦闘で石化→戻るという、
アスカ流れでお話は進みます。
c0086895_1748812.jpg


話の最初に出てきた元老院と化したじじ様たち(ウルトラマン~レオまで)
の会話の中で、並行宇宙という事を出たのがなんとも・・・ですが、
それは横に置いといても、
まるでお約束コンビのように現れたバット星人&ゼットンが
今一つ存在感が薄かったのが何とも。
デザイン的には、まるでどこかメタルヒーロー的でかっこいいバット星人。
東国原さんが声もいいでしょう。(うまかったです)
ゼットンも考えタンだろうな…とは思うんだけど、なまじ画像がクリアなだけに
地球外生命体の不気味さは減っているのです。
・・せめて幼体の時には不気味さの演出として、ネバネバ感でも出した方が
良かったのでは・・・・。
べリアル程の存在感はないのでした。

ダイナがベースというのと、コスモスが関わるのでもあってか
どうしてもヒューマンストーリーに奔ったのと、
女の子たち(AKBだったけ)で作った戦闘チームの
ファイトシーンもあるので、
怪獣の戦闘シーンが薄くなるのは仕方なしの感も
あるのですが、やはりウルトラマン。
アクションが少ないのはちょっと惜しかったです。

クリーンヒットは 弥勒さまと化したカオスヘッダー!
コスモスと作中死闘を繰り広げたはずのカオスヘッダーは、
ただ今ムサシと一緒に
遊星ジュランで暮らしている・・・という近況報告シーンで、
彼が白くまばゆい姿で、艶やかにくつろいでいる姿。
一瞬、電王のジーク連想したぉ・・・
大爆笑でした!


新作映画紹介に「タイバニ」もしっかり流れていたし、
あまり大きく求めず、楽しむにはいい映画となっていました。
次は是非、ウルティメットフォース・ゼロの話をつくってほしいです。



さて・・・。

映画館へ行くとこれから上映される映画も気になって、
チラシを長々と吟味するのですが、

その中でも気になるのが「アーティスト」
c0086895_17505331.jpg

白黒音無し。懐かしい手法で描くラブストーリィーということで、
手法とワンコが気になって観てみたいです。


c0086895_17525715.jpg

ガンダムUC
00以来、ガンダムを落ち着いてみていないのですが、
これは一度きっちりみたい作品なので、この上映は嬉しい!


c0086895_17542321.jpg

この夏はなんといっても「アベンジャーズ」
アイアンマンとキャプテンアメリカを楽しんだ身としては・・・これは堪りません!
何も考えないで見れるだろうと今から楽しみです!

c0086895_1756461.jpg

上映が9月になるので、5月21日の金環日食からは先になりますが、
安井算哲(渋川春海・江戸前期の天文暦学者)の話。
どうしてもドラマ重視になる邦画は苦手なのですが、
星好きにはかなり魅力!
[PR]
by ironyt | 2012-04-05 17:59 | アニメ・漫画・特撮

4月末ではなく、4月に入ったばかりなのに。

今日は4月3日。
明日には水星が巡行に戻るし、金星が双子座に入るから、
火星(乙女座。ただ今絶賛逆行中)・木星(牡牛座)・冥王星(山羊座)の
重厚な土のトラインに軽さを与えてくれる・・・と、実は数日前から、
ほのかな期待もしていたんですが、その直前で大嵐。

北欧では5月1日にだいたい的な春の祭りがあり、その前夜4月30日に
魔女たちの宴と呼ばれるワルプルギスの祭りが行われています。
(今だと>まどマギを連想する人も多いと思いますが、ものすごく
古い中世時代。ヘタすればその前からあるお祭りと言われています)
様々な力を持つ魔女たちが、陽気にどんちゃん騒ぎするので、
周囲の町や村は大変な事になるという言い伝えがあるようですが、
気象・気候の厳しいゲルマン地方だけに、
今日のような暴風雨を、そうイメージしたのかもしれません。
それにしても・・・・今日はまだ4月3日。
魔女が暴れる日にはほど遠いので、ほどほどに収まってほしいものです。


台風並みの低気圧 首都圏で強風が帰宅ラッシュの時間帯を直撃、交通混乱のおそれ

フジテレビ系(FNN) 4月3日(火)13時3分配信
首都圏では、低気圧による強風が帰宅ラッシュの時間帯を直撃し、交通が混乱するおそれがある。
JR新宿駅は、朝の通勤の時間帯に比べると、だんだんと風が強くなってきていて、帽子を飛ばされる人の姿も見られた。
3日は、早めに帰宅するつもりだといった声が多く聞かれた。
JR各社によると、在来線は、風速20メートルで速度規制がかかり、風速25メートルで運転見合わせとなる。
海沿いを走行する京葉線や武蔵野線は、特に注意が必要で、京葉線については、午後0時以降、運転本数を7割程度まで減らす見通し。
一方、新幹線は、東海道新幹線や東北・上越新幹線なども、風速30メートルで運転見合わせとなる。
また東京メトロでも、東西線の一部は橋を渡る部分があるため、速度規制や運転見合わせの可能性がある。
2011年9月に発生した台風15号の際は、首都圏ほぼすべての鉄道が止まり、交通がまひしたため、多くの帰宅困難者が出ていて、JRなどは、3日についても、早めの帰宅を呼びかけている。.
最終更新:4月3日(火)13時3分

[PR]
by ironyt | 2012-04-03 18:30 | ニュース

靖国神社 大東亜戦争開戦七十年展を観て

c0086895_1323486.jpg

神田明神を後にして、やってきたのは靖国神社。
子どもの頃、今は亡き祖父によく連れてこられたこともあって、
自然と初詣先になる神社の一つ。

人によっては「行く」というだけで右翼扱いするし、
実際学生の頃、何人かの先生からは問題視され
「そうおじいさんは戦争で人を殺したんだね」
「あの子と付き合うな」とか言われたけれど、
こちらからすれば、「社会科見学」と称して、
三里塚闘争の場に中学生を連れて行こうとする
当時の先生の姿勢に疑問を感じたし、
そういう出来事の一つ一つが
今の自分の考え・価値観の柱になっている気がする。

A級戦犯合祀など、二次大戦に絡んで様々な物議を醸す場になっているけれど、
毎年千鳥ヶ淵の桜と合わせて、言葉にならないほどの色合いに満たされる靖国神社。
そんなに毛嫌いするほどでもないのに・・・。
c0086895_13324085.jpg

有名無名問わず、歴史を支えてきてくださった方々に対して感謝の念と
春の楽しみであるお花見を満喫できる。
一粒で二度おいしい。私としてはそんな都内の桜の名所としても好きです。が!
c0086895_1354729.jpg

この日はまだこの通り。花探し大変でした。
境内では桜まつりの準備に追われていたから、
今日あたり縁日出ていると思います。

読みたい方は続きをどうぞ
[PR]
by ironyt | 2012-03-31 14:38


空の森の番人。きこりのロノのブログです。ペットと日常・・・。時事ネタからおたくネタもあり


by ironyt

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ブログパーツ

カテゴリ

全体
ニュース
思った事
ペット
歩いた風景&お茶
アニメ・漫画・特撮
星の話
タロット

タグ

(357)
(219)
(203)
(168)
(159)
(121)
(68)
(66)
(39)
(39)
(33)
(32)
(28)
(27)
(24)
(21)
(17)
(12)
(12)
(11)

外部リンク

お気に入りブログ

さしより
湘南のJOHN LENN...
Less Than Zero♪
埼玉の中心から毎日を語る
特撮好きなパン丼のブログ
Go for it! ~...
TSURE-DSURE-...
ペキニーズ モモの鼻 
トイプードル りんちゃん...
BMI適正化計画
こすずめ日記
ある日のこと - New...
WHISPERINGS
ある日のこと - Day...
Happy Day
京都ときどき沖縄ところに...
To tomorrow ...
朝寝・夜更かし・つまみ食い
坂の上のサインボード
とうふ屋に生まれて。。。
Spice of Life
ラブラドールレトリーバー...

外部リンク

最新のトラックバック

2011年3月11日金曜..
from 湘南のJOHN LENNON..
亀岡事故「知人に車借りた」
from 時々時事爺
やんごとなき方々まで踏み..
from 日吉圭の時事寸評
12/3 〜12/4 の..
from 適当日記 Ver2.1
東京都青少年条例案 性交..
from 匿名希望の時事ブログ
ここは酷い功績七割錯誤三..
from 障害報告@webry
国母和宏選手の騒動に思う。
from 坂の上のサインボード
幼稚な親たち。
from 坂の上のサインボード
安定多数
from きんたの日記
同感です。
from ちょっと宇宙から見てみよう
国旗掲揚、国歌斉唱
from Gポケット
運動 場
from 健康第一
わかるような気持ちがします。
from ちょっと宇宙から見てみよう
飲酒運転への意識を今一度..
from 坂の上のサインボード
旧社会党(現社民党)を弾..
from 湘南のJOHN LENNON..
幼児に蒟蒻ゼリーを食わす..
from Gポケット
育児ノイローゼ
from 育児ノイローゼ
凄いよ!ヴェッテル
from 湘南のJOHN LENNON..
ばかばかしか。聞いてあき..
from さしより
子供を伸ばす子育て,教育..
from 子供を伸ばす子育て,教育の名言

以前の記事

2013年 08月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
時事・ニュース

画像一覧