タグ:日記 ( 121 ) タグの人気記事

日本史を出汁にエゴを全開にする似た者同士

10月25日。
「都知事辞めて新党」
というドッキリ発言以降、物議を醸す
石原慎太郎氏。どうやら、橋下知事と平沼さんの間を取り持って
薩長連合ごっこを決め込みたかったようだけれど…。

橋下知事にしても石原氏にしても
いい加減「維新」「維新」言うの止めていただきたい。
個人的にあの時代を好むのは結構だけれど、
どんなに憧れようが何しようが、
あの時代にはなれないのだし、
今の時代とあの時代は違う。
またあの時代の人とも違うのに・・・。


あの時代(細かい事は忘れましたが)
幕藩体制という国の根っこを
議会制に変えたんだよね。。。。。
根底の根底を変えるから、大騒ぎになったし、
帰る側(それこそ薩長連合)の主だった人たちは
帰るべき国の理想像。
ビジョンを強く持つていた。

今までと「違う形」に変えるということは
それまであったすべてを壊すことになる
ということを連想できる人は少ないの?
それは3年前の衆院選の時、ぞっとするほど感じたこと。
政権を変えるということは、「思想」を変えるのだから
問題のある部分を変える部分修正でも
これまでのいいところを残してもない。
悪いものだけでなく、問題のないもの。
変える必要のないこともすべて壊す。
自民党(民主主義)から民主党(社会主義)に変える
ということはそれを意味していた。
そして変えて…今どうなのだろう。

一部で橋下さんなら「今の日本を変えてくれそうだから」
的な雰囲気があるけれど、
でも、今の橋下さんには国の根底を変えるだけの
「ビジョン」を感じない。

国際競争力の高まっているこの時代に、
道州制を引いて関東圏対世界
関西圏対世界で渡り合っていけるの?
好き嫌い場別として、
民主党がケチっている「地方交付税」が出ないと
借金して地域行政を賄うことになる地方がどれだけあると思うの?
5分間隔で次の電車が来る都心と
1時間に1本電車がくればいい田舎は、
さまざまな面で条件が違いすぎるのに、
そこは語ってない気がする。

脱原発。
代替えがあるならどうぞの範囲で、
電力が不足すれば、産業がダウンする。
それは雇用と経済のダウンにもなる。
石油の輸入だけでもハイリスクハイリターンなのに、
それ以外の生活エネルギーを海外からまかなうようでは、
喉元を常に占められている状態と変わらない。

天皇陛下を国家元首になさるのであるなら、
大阪を都にするのではなく、天皇家に遷都していただくのが筋だろうし、
近衛の復活もしなければならない。

石原氏に至っては後残り2年、
国政に未練はあるだろうが、都知事で終わられた方がよかったのでは?
「保守」を好む人からは石原氏絶大な支持があるし、
都条例の件ではかなり来るところはあるけれど、
それなりのものも持っているのは認めていた。
どうしても国政に出るなら、立ち日結党時に行くべきだったのに。
先の自民党総裁選の際、伸晃氏が落ちた後の挙動だけに
(実際、まだ噂の範囲だが、)石原家の三男を
「維新」から出すのどうのの話も耳に入っているけれど、
最後の最後だから「石原家から総理のいす」を狙っている
といわれても仕方ない。
それが都の安定
国の安定にリンクするならいいけれど
少なくとも今回の選択は
「公人」としての選択というよりも「私」が強いように思える。

維新の志士と呼ばれる人たちがすべて純粋だったとは言わないが、
彼らは「武士」として命がけで自分のやるべきことをしただけ。
その彼らに「あやかる形」をとらなければならないあたり
新しい未来を築くという意味ではナンセンス。
そして大変恐縮だが、上から目線で人を見下す感覚は
石原氏も橋下氏も大して変わらない。
うまくいくようには見えないんだけどね・・・・。

平沢さんお疲れ様でした。
「維新」と組まずに行くのであれば支持します。

新聞記事はこちら
[PR]
by ironyt | 2012-11-04 16:14 | ニュース

日本再生は可能

10月7日 鈴鹿サーキットで行われた日本GP。毎年何があっても、この回のレースだけは観ているけれど、
今年は何かと不調だった小林可夢韋が3位!

日本人ドライバーが表彰台に上がるのは・・・・8年ぶり
忘れもしない、佐藤琢磨のアメリカGP。
あの時の琢磨の走りもすごく印象に残っているけれど、
今回の可夢韋の走りも、忘れる事の出来ないレースになった。

厳しいとはいえ国内自動車メーカーが何社もあって、
車社会の日本だけれど、
本音を言えばみんな車嫌いなのかな・・と思うほど車を楽しんではいない。
どんなに世界で孤軍奮闘しようが、好成績をだそうが
F1(GTレースもだけどね)となると、マスコミは見向きもしない。
鈴鹿50周年という記念年という事もあるのだし、
せっかく日本人ドラバーが頑張るのだから、
もっと応援してもいいのになぁ~。とも思いながら明けて昨日

10月8日
ノーベル医学生理学賞受賞が、京都大iPS細胞研究所長の山中伸弥教授(50)
と決まり、昨夕はあちこちで発表と功績を讃える声が聞こえた。
人工多能性幹細胞(iPS細胞)の開発に向けた6年・・・。
傍で聞けば「へぇー すごい」ぐらいの感覚の人もいるかもしれないが、
科学者&医療研究は、常に前人未到の中を進んでいく。
そこには「失敗」「挫折」が山のようにあるし、
人と同じ事だけをしていたのでは、辿り着くことも発見することもできない。
本当に未知数のことだらけ。。。。なのに「予算」は山のように喰う事もある。
3年前、
民主党は事業仕分けで国立大をはじめとする研究分野の予算を
「無駄」という事で削った。
その愚行に対する緊急アピールがあった事を、昨日の受賞を聞きながら思い出す。
http://www.s.u-tokyo.ac.jp/ja/event/debate/2009.html
野田総理をはじめ、民主党議員
そして事業仕分けを推奨した人々は、
山中教授に祝いの言葉を述べる前に
「予算削ってごめんなさい」
だと思うんだけどなぁ・・・・。


それ以外でもテニスでは、錦織圭選手が楽天ジャパンオープンの優勝し、
国際試合で活躍した。
先月の話になるけれど、バレエの森下洋子さんの
高松宮殿下記念世界文化賞も、ものすごく大きい事。

それぞれ個人だし、ジャンルはみな違う。
けど、日本人の活躍を耳にする秋。
これだけ微笑ましい事ばかり・・・。
今月は2年半ぶりに土星が天秤座から蠍座に移動し、
星周りが大きく変わってきている今、
日本はまだまだ運勢から見放されてるのではなく、
再生ができる。
それが謳われるような気がするのです。
[PR]
by ironyt | 2012-10-09 23:48 | 思った事

与党である民主党を差し置いて、賑やかな自民党総裁選 1

多くの国民が「日本を変える!」
という事で民主党を支持して3年・・・・。
かつては自民党の総理が変わる都度、すっさまじい文句が飛び交う事態でしたが、
年金積立金を切り崩した交付国債で、一般会計支出をごまかしている
野田総理に対して、マスコミはこれといった文句なしな感じで、
民主党の党首選については実にさらりと報道。

対する自民党には・・・
良し悪しは別としてすさまじい報道www
果たしてどの情報が正しいのか、嫌になるほどです。

特にここ数日、谷垣総裁の出馬辞任を巡っては
三年前の夏。
日本終わりになるかの危機感を感じながら
(正直、選択を間違えたのでかなりマズイ所まで来ています。
実際武力侵略されてから後悔しても遅いのですが…)
これまでの三年間、この人の背中を見ながら
自民党を見守ってきた有権者としても、
これはショッキングなことなのです。

いざ総裁選、いざ選挙となると
古参の議員の跳梁跋扈が始まり、
石原さんが差の尻馬に乗っているかの感じもアリですが、
まずは私もすごく残念と思っている
谷垣さんの事を書くことに致します。

みじめなほど惨敗した自民党を
宥めまとめてきた3年であり、
震災直後、被災地に飛んだのは与党ではなく自民党。
それを指揮したのも谷垣さん。
ご自身も行きました。
それ以外にも自民党と有権者をつなぐ道を
必死に作って来たのも知っています。
慣れない野党の立場での発言も、苦慮しながら
戦ってきたのは実に大変だったろうし、
大切な奥様を失っても、私情を交えずに
公務を果たした姿に、できることなら総理の椅子へと、
見てきたものなら誰もが思う事でしょう。

ただ・・・。
三党合意があるから、消費税に足枷はめることができたのも事実ですが、
三党合意を破棄できるタイミングを失った事
野田との会談で「近いうち解散」
という先の見えない約束で野田に丸め込まれた
のを見ていると、どうしても今は勝たないといけない時。
しかも・・・多分このままだと民主は野田が二期やる事になるでしょう。
何度となく国会中継も観ましたが、
野田総理はその場をしのぐための口約束が得意な相手。
まるで結婚する気がないのに、
「その気」があるふりをして、女に期待する心を持たせて
利用しつくす詐欺師と変わらない感じ。
自分の思う所には忠実ですが、所属している党さえも、
軽視できるような人物と渡り歩くには、谷垣さん。
実直すぎです。


好き嫌いは別として、
日本の事情等みてはいない野田総理と
互角に張り合える程厚顔無恥でエゴイスト。
あるいは彼の頭の上からモノが見える人でないと無理。
そう思うと、今は谷垣さんではなく、
他の方がつないで、政権奪還後、
総理になられた方がいいようにもうのです。
じゃあ誰がいいのかとなると…

安倍さんは前回の失敗はともかくとして、
勘違い集団維新の会と手を組もうとしている辺りがなんとも・・・。

石場さんは靖国に行かないし…。

伸晃くんはなんか・・・大丈夫ですか?

何ともですが…。
少なくとも谷垣さん自身が降りるといった以上、
必要以上に追いすがるのではなく、
嫌でも次の選挙には自民党に勝ってもらう事です。
今は民主だけでなく、
それ以上にたちの悪い維新の会が控えています。
「日本を根こそぎ変える!」
三年前同様
そんな威勢のいいフレーズが飛んでいますが、
傾倒するひとは、
そのセリフが自分の人生にマイナスを与える
事になることが連想できないのでしょう。
これでまた多くの人が
「変えてくれるかもしれない」
「やらせてみたらいいよ」
で、民主や維新に軽く票を入れれば、
独立国の日本ではなく、
日本特区へと変貌を遂げ本当にダメになるでしょう。

目的は国土の復興。
経済を活性化させて、雇用の安定と教育の充実。
これなくして震災の復興もありません。
選挙はそのための手段であり、
総裁選や代表選などは、その前の作業に等しいのです。
[PR]
by ironyt | 2012-09-12 20:29

サムライは=侍じゃないんだよね・・・・

厳しいを通り越して、痛い日差しの一夏。
まだ暑さが残っているものの、
朝夕は秋の気配を感じています。
16日が新月だから、それを超えると一段と変わるのかしら…。
秋を感じる遠出がしたくなってきて困っています(笑)

さて。
この夏はオリンピックに沸いた一夏でもありました。
日本選手のみなさん、
どの競技の方々も、頑張ったし
メダルのある内に関わらず、
日本中が励まされて、本当にありがとう!

なので「選手」はいいのです。
強いて言えば、銀座のパレードの際、
堂々と日の丸を振って欲しかったな・・。
位のもので、ハイ。特にありません。

まぁオリンピックに限らず、
サッカーその他、あちこちで
「サムライ・日本」という言葉を耳にします。

聞く都度ゲンナリ・・・。
それで感動する人もいるのは自由ですが、
もてはやす単語のサムライは「侍」ではないと
いう事に、どれだけの人が気づいているのかなと…。
つい最近、身近で話題になったので
書き留めておきます。

柔道の試合に勝った際のガッツポーズの是非。
これが問われたことがありますが、
サムライではなく「侍」が感覚で分かっていれば
是非を問う以前の問題で、
ガッツポーズ・・・ありえないという話になります。

今の時代、何処までも理想な話ですが
礼に始まり礼に終わる。
これが最低限の基本になるので、
勝手も負けても、まず相手への礼。
自分を支えてくれるすべての人への礼。
そして最後に自分の勝利を喜ぶのが、
柔道・剣道・合気道に始まり、
百人一首に茶道・華道等、「道」のつくものの本来の姿。
そしてそこには昔から流れる
侍=武士道が生きています。



全ての礼を済ませた後、
控室に入ってそこで
「やった~」と
喜んでガッツポーズなら、全く問題ありませんが、
試合で勝った瞬間、喜んでガッツポーズをとるのは
相手への礼の前に、自分の勝利を喜ぶことになるので
本来「恥ずかしい」とされてしまうのが、
昔ながらの日本文化というか、伝統精神です。
そこが
「スポーツ」とは
確実に違う点だと言えるでしょう。

畳の歩き方から、所作。
かなり堅苦しくて地味ともいえる世界。
今時そんなんの全く流行らない話ですが、
それが武家であり、日本の美の世界。
そのあたりを本当に確かめてければ、
浄瑠璃の仮名手本忠臣蔵や
義経千本桜
日吉丸稚桜・駒木山城中の段
等みれば、
滑稽で悲しいほど堅苦しき武士というのもが
描かれているので、おススメしたい所です。

日本柔道は世界に出るため、
柔道の形は残しましたが、道を捨てた。
ここ近年の試合展開(まるで和レスリング)と、
喜んでガッツポーズをする選手を観ていると、
そう感じます。
さらに「ガッツポーズくらいいいじゃないか」
と容認する人たち。
彼らを観ていると、
そこには「道」という概念がなく、
スポーツジュウドウでいいような気がします。
そしてそこに合うのは「侍ジャパン」ではなく
「サムライ・ジャパン」

そこまで堅苦しく考える必要がないのかも
知れないけれど、
「武家・武士」というものを
モチーフとして使って応援しておきながら、
その本質と逆な事をするのは?
そんな疑問も感じます。

武士や武士道というものをもてはやすのと、
戦国や明治維新に惹かれると得意げに言い、
龍馬だ「船中八策」だと唱えつつ、
大阪の伝統であり、武士の世界を彩る文楽を軽視する姿と、
言葉の意味も考えずに、
「侍魂」等と称してスポーツ観戦する人。
どこか被る今日この頃・・・。
[PR]
by ironyt | 2012-09-10 10:36 | 思った事

「大人を信じて」とは言えない。大津皇山中事件

忙しさの間に流れてくるニュースで気になるのは、
あまりにも懐古的な、反原発運動&オスプレイ反対の狂乱騒ぎ
そして大津皇山中の事件報道。
この事件は私に限らず、同年輩の子供がいる親にとって、
正直退任事には感じられない事なので、ついつい追いかけてしまう。

亡くなった子だけでなく、該当クラスの生徒たち。
そして皇山中の生徒たち。
本当に気の毒な限りです。
中にはイジメ通報をすることによって、
自分もやられるかもという、危険を感じても
先生に話した子がいたし、今現在、
何らかの責任を感じて、話してくれている子もいる。

大きなイジメ事件があると、決まり文句のように
「大人に話して」キャンペーンを
誠意なく貼るのが官公庁のスタイル。

件の皇山中の生徒は、話しても何もしてくれない。
自分たちの声など聞きもしないで裏切る大人の姿を
学校と担任教諭は観ているのだから、信用されなくても当たり前。

ここまででなくとも、全国津々浦々、こういう教師は
いくらでもいるのだろう。
そういう大人の聞くだけポースを続けることも、
子どもを絶望させたり、
いじめに走らせたり、一方的我慢を強いているってことに、
気が付かない人は、教師だけでなく教育委員会にも
いてほしくない。

学校への不信感からアンケートに回答せず…大津
読売新聞 7月23日(月)15時4分配信

大津市で昨年10月、市立中学2年の男子生徒(当時13歳)が
いじめを苦に自殺したとされる問題で、学校側が自殺6日後に
全校約860人を対象に行ったアンケートに、
学校への不信感から回答しなかった生徒が複数いることがわかった。

読売新聞の取材に応じた生徒らは理由を「(回答しても)
学校にはまともに取り上げてもらえないと思った」と語った。

現在3年生で、亡くなった男子と同じクラスだった女子は、
昨年の夏休み明け以降、加害者とされる同級生らが教室内で、
男子生徒に馬乗りになってフェルトペンで顔にひげを描いたり、
ペンを折って筆箱内をインクだらけにしたりする様子を目撃。
「自分も危害を加えられるのでは」と恐れながらも学校側に伝えたが、
対応してもらえなかった。
通報する生徒は他にもいたが、友人間で
「先生に言っても何もしてくれないから、言わないでおこう」
との雰囲気になったという。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120723-00000759-yom-soci


[PR]
by ironyt | 2012-07-24 12:21 | ニュース

久々にお月様の事

仕事の忙しさについついブログの更新が遅れる・・・
あっという間に5月も後半!

先日の金環日食には、日本中が大いに沸いて
星や月に関心を持つ人が増えてくれると嬉しい反面、
運転中に日食が気になって事故ったりとか、
夕方の渋谷駅では通り魔による刃物事件と、
物騒なことまで。

新月・満月の時は
どういう訳か人も興奮しやすく、
問題がより起きやすい傾向にあるという内容は、
以前にも書いたので重複しますが、
もう一度月の周期をザックリ書いておきます。


最初は見えなかった月が、 段々に太り痩せていくという、
一つのサイクル
新月 から 満月 そして次の新月までの期間が、約30日。

もちろん、私はドクターではないので、具体的な症状に関しては、
直接病院へご相談が大前提になりますが、
何かを始めるにしても、
食事療法やダイエット等、体調管理を行うのにも、
この周期を取り入れると、、非常に効果的です。


新月  
「新しい事のスタート」
何事も初めが肝心!という事で、スタートをするのにも「時」が大切。
夜空のどこを観ても月が全く見えない時は、
目的を具体化するためのアクションを起こすにはうってつけ!


上弦の月  
徐々に姿を見せてくる月が、半月となるのが上弦の月。
満月を迎えるまでの間は「吸収」してゆく時期なので、
物事であれば意欲的に動く時。
また栄養摂取が活発に行われる時期。
特に高血圧やダイエットなので、、
食事のコントロールが必要な方は、
できるだけ高カロリーなものを控えた方がいい時期。
お肉が食べたいのであれば、蒸したり茹でたり。
また野菜を食べる際も、ドレッシングなどは控えるのがgood!
甘いモノが欲しい!
そんな時は、リコリスティーがおススメです。
塩分過多なども満月の頃、
むくみとして出やすいのでご注意を!


満月  6月4日 
「成熟」や「成就」。
努力が目に見える結果となる時期。
もちろん、思い通りではない「結果」や、
いいことにはならない事も多々あります。
その場合は、軌道修正や時には、
諦めるという選択肢も入ります。
また満月前後3日間は、 
パワーが散漫になりやすいのか、
暴飲暴食にも要注意!
世間的にも大きな事件事故が起きやすい傾向があります。


そして・・・満月を機に下弦・新月に向けては、
エネルギーも下降する(絞り込む)時期なので、
パワフルな活動期ではありません。
ダイエットや体調管理をなさっている方は、ここからが本番!


下弦の月  
下弦から新月までは、不思議なくらい一段とエネルギーが
衰え安く、体調を崩しやすくなりがち。
栄養吸収も落ちるので、
むしろこの時期にカロリーの高めのものを摂取するといいと思います。

仕事などのスケジュールには時間的余裕を持つこと。
静かに考える事・調べもの・整理には向いている時期です。
不毛な対人関係や恋愛にピリオドを打つのもOK。
禁煙とか禁酒。生活習慣を改めるには向いているので、
ここで計画を立て、新月からスタートしましょう。
[PR]
by ironyt | 2012-05-23 17:46 | 星の話

4月末ではなく、4月に入ったばかりなのに。

今日は4月3日。
明日には水星が巡行に戻るし、金星が双子座に入るから、
火星(乙女座。ただ今絶賛逆行中)・木星(牡牛座)・冥王星(山羊座)の
重厚な土のトラインに軽さを与えてくれる・・・と、実は数日前から、
ほのかな期待もしていたんですが、その直前で大嵐。

北欧では5月1日にだいたい的な春の祭りがあり、その前夜4月30日に
魔女たちの宴と呼ばれるワルプルギスの祭りが行われています。
(今だと>まどマギを連想する人も多いと思いますが、ものすごく
古い中世時代。ヘタすればその前からあるお祭りと言われています)
様々な力を持つ魔女たちが、陽気にどんちゃん騒ぎするので、
周囲の町や村は大変な事になるという言い伝えがあるようですが、
気象・気候の厳しいゲルマン地方だけに、
今日のような暴風雨を、そうイメージしたのかもしれません。
それにしても・・・・今日はまだ4月3日。
魔女が暴れる日にはほど遠いので、ほどほどに収まってほしいものです。


台風並みの低気圧 首都圏で強風が帰宅ラッシュの時間帯を直撃、交通混乱のおそれ

フジテレビ系(FNN) 4月3日(火)13時3分配信
首都圏では、低気圧による強風が帰宅ラッシュの時間帯を直撃し、交通が混乱するおそれがある。
JR新宿駅は、朝の通勤の時間帯に比べると、だんだんと風が強くなってきていて、帽子を飛ばされる人の姿も見られた。
3日は、早めに帰宅するつもりだといった声が多く聞かれた。
JR各社によると、在来線は、風速20メートルで速度規制がかかり、風速25メートルで運転見合わせとなる。
海沿いを走行する京葉線や武蔵野線は、特に注意が必要で、京葉線については、午後0時以降、運転本数を7割程度まで減らす見通し。
一方、新幹線は、東海道新幹線や東北・上越新幹線なども、風速30メートルで運転見合わせとなる。
また東京メトロでも、東西線の一部は橋を渡る部分があるため、速度規制や運転見合わせの可能性がある。
2011年9月に発生した台風15号の際は、首都圏ほぼすべての鉄道が止まり、交通がまひしたため、多くの帰宅困難者が出ていて、JRなどは、3日についても、早めの帰宅を呼びかけている。.
最終更新:4月3日(火)13時3分

[PR]
by ironyt | 2012-04-03 18:30 | ニュース

靖国神社 大東亜戦争開戦七十年展を観て

c0086895_1323486.jpg

神田明神を後にして、やってきたのは靖国神社。
子どもの頃、今は亡き祖父によく連れてこられたこともあって、
自然と初詣先になる神社の一つ。

人によっては「行く」というだけで右翼扱いするし、
実際学生の頃、何人かの先生からは問題視され
「そうおじいさんは戦争で人を殺したんだね」
「あの子と付き合うな」とか言われたけれど、
こちらからすれば、「社会科見学」と称して、
三里塚闘争の場に中学生を連れて行こうとする
当時の先生の姿勢に疑問を感じたし、
そういう出来事の一つ一つが
今の自分の考え・価値観の柱になっている気がする。

A級戦犯合祀など、二次大戦に絡んで様々な物議を醸す場になっているけれど、
毎年千鳥ヶ淵の桜と合わせて、言葉にならないほどの色合いに満たされる靖国神社。
そんなに毛嫌いするほどでもないのに・・・。
c0086895_13324085.jpg

有名無名問わず、歴史を支えてきてくださった方々に対して感謝の念と
春の楽しみであるお花見を満喫できる。
一粒で二度おいしい。私としてはそんな都内の桜の名所としても好きです。が!
c0086895_1354729.jpg

この日はまだこの通り。花探し大変でした。
境内では桜まつりの準備に追われていたから、
今日あたり縁日出ていると思います。

読みたい方は続きをどうぞ
[PR]
by ironyt | 2012-03-31 14:38

江戸の味  神田明神のお蕎麦と和菓子

3月27日は天候にも恵まれて、東京快晴。
忙しい折ではありましたが、小学校最後の春休み。
受験合格の御礼も兼ねて、
息子と旦那と一緒に神田明神と、靖国神社へ行きました。

行きなれた神社なので、つい写真撮らずだったのですが、
平日なのにもかかわらず神田明神には、午前中からそれなりに参拝客がいました。

山門の向かいにあるお蕎麦屋さん。
ここのお蕎麦がおいしくてパシャリ
c0086895_129860.jpg

神田明神に来たら、和菓子も忘れてはなりません。
きな粉と黒蜜たっぷりの葛餅と、
c0086895_129856.jpg

まーるいまーるい中には、あんこがしっかり。
緑茶月が嬉しいわらび餅!
c0086895_12982.jpg

ビルだらけの東京ですが、この味だけは変わってほしくないな…。
立ち寄る都度思います。
[PR]
by ironyt | 2012-03-31 12:09 | 歩いた風景&お茶

2011年から2012年をなぞる

2011年。後数時間で過ぎてゆきます。

公私ともに大きいのは、やはり3・11。東日本大震災。
福島をはじめとする、北関東・東北の方々が、
長い時代培ってきたすべてを飲み込んだ津波の恐ろしさと、
これまで首都圏の電力生活を支えてくれて来た福島原発が爆発し、
被爆という問題が大きくなったことでしょうか。

東北に住む友人にも人生が変わってしまった人もいます。
一日も早い復興。そう思いつつ、自分ができる事がわずか過ぎてもどかしく、
反面、当初の予定をはるかに越えて目の前の仕事に追われてきました。
年末恒例の冬コミも、当初本が作れる時間ないので、申し込まなかったのですが、
友人のお手伝いで2日目にビックサイト。

様々な方と出会いがあり、その分別れもあり、
本来人生の恩師との別れはつらいモノですが、
あちらが民主党支持であり、小沢擁護する姿にかなり苦しかったので、
肩の荷が下りたような不思議な気分。
出会ってうれしいのはお客様だけでなく、
「TIGER&BUNNY」
久々にはまり込んでいるアニメ。
来年は映画化だから、もうしばらく追っかけられそう。
ただ・・・
年始早々から電話だけでなく、
下北沢を拠点に、対面鑑定も進めて行くことになりましたので、
本は作る時間取れるか微妙・・・・。
2012年がどんな年にあるかは、時々更新してゆきますので
興味のある方は見てください。

本年も当ブログに来て下さり、
読んでくださってありがとうございました。
2012年度も時折更新になりますが、よろしくお願いいたします。
[PR]
by ironyt | 2011-12-31 21:22 | 思った事


空の森の番人。きこりのロノのブログです。ペットと日常・・・。時事ネタからおたくネタもあり


by ironyt

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ブログパーツ

カテゴリ

全体
ニュース
思った事
ペット
歩いた風景&お茶
アニメ・漫画・特撮
星の話
タロット

タグ

(357)
(219)
(203)
(168)
(159)
(121)
(68)
(66)
(39)
(39)
(33)
(32)
(28)
(27)
(24)
(21)
(17)
(12)
(12)
(11)

外部リンク

お気に入りブログ

さしより
湘南のJOHN LENN...
Less Than Zero♪
埼玉の中心から毎日を語る
特撮好きなパン丼のブログ
Go for it! ~...
TSURE-DSURE-...
ペキニーズ モモの鼻 
トイプードル りんちゃん...
BMI適正化計画
こすずめ日記
ある日のこと - New...
WHISPERINGS
ある日のこと - Day...
Happy Day
京都ときどき沖縄ところに...
To tomorrow ...
朝寝・夜更かし・つまみ食い
坂の上のサインボード
とうふ屋に生まれて。。。
Spice of Life
ラブラドールレトリーバー...

外部リンク

最新のトラックバック

2011年3月11日金曜..
from 湘南のJOHN LENNON..
亀岡事故「知人に車借りた」
from 時々時事爺
やんごとなき方々まで踏み..
from 日吉圭の時事寸評
12/3 〜12/4 の..
from 適当日記 Ver2.1
東京都青少年条例案 性交..
from 匿名希望の時事ブログ
ここは酷い功績七割錯誤三..
from 障害報告@webry
国母和宏選手の騒動に思う。
from 坂の上のサインボード
幼稚な親たち。
from 坂の上のサインボード
安定多数
from きんたの日記
同感です。
from ちょっと宇宙から見てみよう
国旗掲揚、国歌斉唱
from Gポケット
運動 場
from 健康第一
わかるような気持ちがします。
from ちょっと宇宙から見てみよう
飲酒運転への意識を今一度..
from 坂の上のサインボード
旧社会党(現社民党)を弾..
from 湘南のJOHN LENNON..
幼児に蒟蒻ゼリーを食わす..
from Gポケット
育児ノイローゼ
from 育児ノイローゼ
凄いよ!ヴェッテル
from 湘南のJOHN LENNON..
ばかばかしか。聞いてあき..
from さしより
子供を伸ばす子育て,教育..
from 子供を伸ばす子育て,教育の名言

以前の記事

2013年 08月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
時事・ニュース

画像一覧